中央競馬:ニュース中央競馬

2021.8.26 11:57

【リレーコラム】関西競馬エイト~夏の小倉の〆は茶木太厩舎by竹下

ショウナンマッハ

ショウナンマッハ【拡大】

 夏競馬も残すところあと2週。来週は小倉と札幌でそれぞれ2歳Sが行われますが、栗東TCで取材している身として気になるのは小倉2歳S。なかでも注目しているのは今年3月に厩舎を開業した茶木太樹調教師が送り込むショウナンマッハです。

 先月4日に行われた新馬戦では今回と同じ小倉芝1200メートル戦で2着馬に3馬身の差をつけて快勝。その後は短期放牧を挟みましたが、順調に乗り込まれており、25日の1週前追い切りでは松山弘平騎手を背に栗東Cコースで6ハロン78秒0-64秒4-50秒6-38秒0-12秒1をマーク。「1週前ですし、ジョッキーに乗ってもらってしっかりと息を作っておきたかったんです。いい時計で動いてくれましたし、負荷をかけることもできました。これで来週、さっとやれば態勢は整うと思います」とトレーナーも感触をつかんでいる様子。振り返ればデビュー前から「新馬戦もそうですが、先々まで楽しみにしている」と期待の大きい素質馬。鞍上の松山弘平騎手とは池添兼雄厩舎のスタッフとして働いていたときからの付き合いで、「弘平が乗ってくれるのは心強い」と信頼を寄せる。プロキオンSをメイショウカズサで、小倉記念をモズナガレボシで勝つなど、今年の小倉サマーシリーズも好調が続いている同騎手とのコンビで重賞初勝利を目指す。

竹下幸一(たけした・ゆきかず) 関西エイト想定班 

取材

本命

馬連・ワイド

プロフィル

1975年生まれ、大阪府出身。大阪サンスポレース部のアルバイトを経て、2002年に想定班として現場デビュー。ギャンブルとサッカーをこよなく愛する一児のパパ。初代「競馬エイト最強王」。

予想スタイル

モットーは〝厩舎取材が馬券への近道〟。スタッフとの何気ない会話からヒントを得ることも多い。主な担当は藤原英昭厩舎、安田隆行厩舎、高橋亮厩舎など。

※竹下幸一の予想を閲覧するにはベーシックパックをご購入していただく必要があります