中央競馬:ニュース中央競馬

2021.7.30 19:05

7月は“会員無料”!1位2位を分け合う大阪サンスポの予想を見逃すな

24日土曜の函館12Rも《馬連》的中で4万7400円ゲット、4週連続プラス収支を確定させた大阪サンスポの山口大輝記者

24日土曜の函館12Rも《馬連》的中で4万7400円ゲット、4週連続プラス収支を確定させた大阪サンスポの山口大輝記者【拡大】

 各TM&記者が、買い目と金額を明示して回収率を競い合う戦い「ガチンコ収支バトル」は、一日の中で各スタッフが「どうしても買いたい!」というレースをセレクトしているので、的中精度は抜群。無料で読める予想やデータ系コンテンツもそろっているので、ぜひ参考にしてみてください。

 1カ月ごとに各媒体でローテーション。7月は大阪サンスポから5人の予想が会員無料となっています。

 また、各媒体の予想家が一覧で見られるページがございます。各予想家の写真はもちろん、プロフィルや予想スタイルなども一新。さらに過去の優勝歴がわかりやすく表示されています。こちらからお望みの予想を見つけることも可能ですので、ぜひご利用になってください!

★サンスポ記者一覧はこちら
★競馬エイト記者一覧はこちら
★週刊Gallop&夕刊フジ記者一覧はこちら

≪編集部厳選!土曜の注目コンテンツ≫

(1)宇恵英志(大阪サンスポ)
 現在『ガチンコ収支バトル』第3ステージでトップをひた走るのが大阪サンスポ・宇恵英志記者です。本紙担当を務める“西の顔”は先週も函館7Rで推奨馬からの《馬連》をしっかり的中させ、2万7600円の払い戻しでした。2015年第2ステージでの優勝経験もある宇恵記者が土曜に勝負をかけるのは新潟の最終12レース。盤石の態勢で“後輩”を迎え撃ちます。
 ★宇恵英志の勝負レースはこちら【会員無料】

(2)山口大輝(大阪サンスポ)
 宇恵記者を猛追するのは同じ大阪サンスポの山口大輝記者。先週も土曜函館12Rで7番人気から《馬連》的中で4万7400円をゲット、4週連続プラス収支を確定させました。この夏好調な平成最後(2018年)の年間王者が土曜に狙うのは、今回も函館の9R。注目の予想は宇恵記者とともに”会員無料”ですのでお見逃しなく!
 ★山口大輝の勝負レースはこちら【会員無料】

(3)漆山貴禎(東京サンスポ)
 3開催日連続的中と波に乗っているのが東京サンスポの漆山貴禎記者です。先週も土曜函館12Rに《馬連》的中で2万3700円をゲットした“東大王”は、日曜の新潟2Rで6番人気の推奨馬が快勝し、《馬連》76.8倍&《3連単》783.1倍が大的中。〆て15万5110円を計上してランキング4位に急浮上しました。東京サンスポ屈指のデータ派の“土曜の大冒険”は新潟9R、爆発力にぜひご期待ください!
 ★漆山貴禎の勝負レースはこちら【有料】

(4)高橋賢司(関西競馬エイト)
 『ガチンコ収支バトル』上位争いの常連、関西エイト・高橋賢司TMからようやく“らしい”一発が飛び出しました。先週土曜の新潟1R、6番人気の本命馬が2歳コースレコードV、《単勝》一本勝負で14万2000円計上。“真剣(マジ)卍固め”に成功した高橋賢TMは5位にジャンプアップしました。土曜の狙いは函館6R、連続の卍固めを決めてみせます!
 ★高橋賢司の勝負レースはこちら【有料】

(5)西野大助(関東競馬エイト)
 『ガチンコ収支バトル』第2ステージで惜しくも2位だった関東エイト編集部・西野大助記者が第3ステージの黒字転換に成功しました。土曜の函館11Rで本命馬が1番人気に応え、2、3着もしっかり押さえて《3連単》224.1倍を的中、6万7230円をゲットしました。前ステージの悔しさを晴らすべく、2019年の年間王者が反撃開始です。
 ★西野大助の勝負レースはこちら【有料】