【2歳新馬】函館5R トップキャスト好時計で圧逃

2021.7.26 04:53

 大外枠から逃げた5番人気のトップキャスト(栗・高橋康、牝、父ダイワメジャー)が、レコードと0秒2差の1分48秒5(良)の好タイムで逃げ切った。団野騎手は「初戦は馬群で競馬を教えたかったので、逃げたくなかったのですが、スムーズに運んでよく頑張ってくれました」と快勝に笑顔。次走は未定だが、札幌2歳S(9月4日、札幌、GIII、芝1800メートル)に向かう可能性もある。

閉じる