中央競馬:ニュース中央競馬

2021.7.26 04:51

【キングジョージ】英ダービー馬アダイヤー押し切る

 【ロンドン24日】欧州12ハロン路線のシーズン前半を締めくくる第71回キングジョージVI&クイーンエリザベスS(GI、3歳上、芝・右2390メートル)がアスコット競馬場で5頭によって争われ、英ダービー馬でW・ビュイック騎乗の2番人気アダイヤー(愛国産、英=C・アップルビー、牡3、父フランケル)が2番手から残り500メートルで先頭に立って優勝した。

 タイム2分26秒54(良)。1着賞金49万6212・50ポンド(約7542万円)。最後方から早めに追い上げて勝ち馬に馬体を併せた4番人気ミシュリフが1馬身3/4差の2着。昨年の英2冠牝馬で1番人気ラブは3着に終わった。

 アダイヤーは6戦3勝、GIは2勝目。同年の英ダービー馬の優勝は2001年ガリレオ以来、20年ぶり14頭目だった。次の大目標は凱旋門賞(10月3日、仏パリロンシャン、GI、芝2400メートル)で、同舞台のGIIニエル賞(9月12日)をステップにする模様だ。

 今回の結果を受け、英ブックメーカー大手のウィリアムヒル社は凱旋門賞のオッズを大きく変更。アダイヤーが7番人気11倍から2番人気5・5倍に、6倍で2番人気タイだったラブは5番人気タイの8倍になった。

 ディープインパクト産駒で英愛両オークスを圧勝しているスノーフォールは1番人気のままだが、5倍から4・5倍に変更。日本馬で出走を表明しているクロノジェネシスは13倍、ディープボンドは26倍でともに変わらない。