中央競馬:ニュース中央競馬

2021.7.24 13:02

【2歳新馬・函館5R】3番人気カズラポニアンがレコードで圧勝

レコードの圧勝で新馬戦を制したカズラポニアン(撮影・三浦幸太郎)

レコードの圧勝で新馬戦を制したカズラポニアン(撮影・三浦幸太郎)【拡大】

 7月24日の函館5R(2歳新馬、ダート1700メートル)は、横山和生騎手騎乗の3番人気カズラポニアン(牡、美浦・宮田敬介厩舎)が好位2番手追走から逃げたタイキマクスウェル(6番人気)を直線で難なく捕らえてデビュー勝ちを果たした。タイム1分47秒3(良)はレコード。

 5馬身差の2着にはタイキマクスウェル、さらにクビ差遅れた3着にインペラートル(8番人気)が続き、1番人気のポイズンアロウは7着に敗れた。

 カズラポニアンは、父ヘニーヒューズ、母ガルデルスリール、母の父ダイワメジャーという血統。

 ◆横山和生騎手(1着 カズラポニアン)「正直、今回じゃなくて次かなという感じでした。終わってみれば楽勝でしたけど、いつ後ろから来られるか、という頼りない感じがありましたね。そんな中で勝ち切ってくれたのだから、持っているものは相当です。まだトモ(後肢)や精神面でまだまだというところはあるので、無理して使わないで成長をうながした方がいいかもしれません。(能力的には)いいところまでいく馬だと思います」

★24日函館5R「2歳新馬」の着順&払戻金はこちら