中央競馬:ニュース中央競馬

2021.7.23 10:40

8・1新潟でキタサンブラック産駒「同門対決」 サウンドクレア出陣

同じキタサンブラック産駒で僚馬のマリオロードとともに8月1日の新潟芝1800メートルでデビューするサウンドクレア

同じキタサンブラック産駒で僚馬のマリオロードとともに8月1日の新潟芝1800メートルでデビューするサウンドクレア【拡大】

 キタサンブラック産駒のサウンドクレア(栗・安達、牝2、母サウンドバリアー)が、8月1日の新潟芝1800メートルでデビューする。重賞3勝のサウンドキアラ(父ディープインパクト)の半妹で、姉の主戦を務める松山騎手が手綱を取る。

 22日に栗東CWコースでの3頭併せで一杯に追われて6ハロン86秒2-12秒0をマークし、マリオロード(新馬)に1馬身、ルアル(同)に1秒2差先着した。安達調教師は「血統的なものか、口向きが悪くて少し時間がかかりました。成長がゆっくりで少しずつ良くなってきています。姉とはタイプが全然違いますね」と語った。

 併せた相手で同じキタサンブラック産駒のマリオロード(牡、母ヤマトマリオン)も同レースでデビュー予定。ともに重賞ウイナーの母を持つ良血の同門対決となる。

★サウンドクレアのプロフィルはこちら 調教タイムも掲載