中央競馬:ニュース中央競馬

2021.7.26 10:39

藤沢和雄調教師のマンスリー連載「続・馬と話す」がスタート!

8月1日号の週刊ギャロップは、藤沢和雄調教師のマンスリー連載「続・馬と話す」がスタートします。来年2月末で定年を迎える現役最多勝のレジェンドトレーナーがいま思うことは?

8月1日号の週刊ギャロップは、藤沢和雄調教師のマンスリー連載「続・馬と話す」がスタートします。来年2月末で定年を迎える現役最多勝のレジェンドトレーナーがいま思うことは?【拡大】

 好評発売中(8月1日号)の週刊ギャロップは、藤沢和雄調教師のマンスリー連載「続・馬と話す」がスタートします。来年2月末で定年を迎える現役最多勝のレジェンドトレーナーがいま思うことは…。2004年に連載していた「馬と話す」から17年、改めて藤沢流の信念、馬づくりの神髄に迫ります。

 夏の特別企画として3回シリーズでお届けするのは「’21夏 平成名馬ファイル21」。某ゲームアプリの大ヒットにより、かつての名馬たちへの関心が急上昇中。そこで平成の競馬を彩ったスターホース21頭を厳選し、各回7頭ずつ紹介していきます。初回はディープインパクト、オグリキャップなどが登場。在りし日の雄姿に思いを馳せ、当時のご自身も振り返ってみてはいかがでしょうか。

 レース展望は例年の札幌から函館に舞台を移して行われるクイーンS。オーナーブリーダー岡田牧雄氏がプロの目で診断するほか、データ班、血統班による分析、厩舎コメント、中間の調教などさまざまな角度から勝ち馬に迫ります。

 POGファン必見の2歳馬情報は新潟・函館デビュー予定馬、牧場ホットライン、入厩馬の調教タイムを掲載。また「誌上POG2021~22」の参加者を募集中です。

 連載はアメリカで通算347勝を挙げた日本人女性調教師の一代記「ドラゴンレディー」、浜中俊騎手「これに俊(すぐる)話なし」、小桧山悟調教師「私の馬研究ノート」など盛りだくさん。「追憶の名馬たち」はライスシャワー編が最終回を迎えます。旬のホースマンにスポットを当てる「THE FACE」には、現役最年長の柴田善臣騎手が登場します。

関連

  • 週刊ギャロップでマンスリー連載「続・馬と話す」がスタートする藤沢和雄調教師
  • ディープインパクト(2006年有馬記念)
  • ナリタブライアン(1994年日本ダービー)