【アイビスSD】ライオンボス実戦想定で満点追い!

2021.7.22 05:00

 夏の新潟開幕週を飾るアイビスサマーダッシュの追い切りが21日、東西トレセンで行われた。美浦では、一昨年の覇者ライオンボスがポリトラックコースで実戦を想定した最終追いを行い、陣営の狙い通りの動きを見せて態勢を整えた。栗東では3歳馬モントライゼが坂路で力強い動きを披露し、調教評価『S』となった。

 朝日に照らされた美浦Pコースを、一昨年の覇者ライオンボスが力強く駆け抜けた。2歳の僚馬に2馬身半ほど先行してスタート。3、4コーナーで内から並ばれ、直線入り口では前に出られたが、そこからグングンと脚を伸ばして最後は併入した。馬なりで5ハロン71秒8-13秒0と強調できる時計ではなかったが、動きをチェックした和田郎調教師は満足げだ。

 「(1週前にしっかり追って)負荷はいらないと思ったので、競馬を想定した。先行して、後ろから来た馬をしのぐイメージで。適度に気持ちも入って、最後もしっかりして感じは良かったです」

 好スタートを切って、前々で後続の追い上げをしのぐのがこの馬の勝ちパターン。最終追いでも実戦さながらの迫力を見せ、「(後ろから)来られても、そこから踏ん張るという狙い通りの追い切りができた」と満点評価を与えた。

 3連覇を狙った前走の韋駄天Sは、1番人気ながら直線で伸びあぐねてまさかの9着。“千直”7戦目で初めて連対を外したが、「馬場、斤量、状態面などいろいろと重なってしまった」と決して力負けではない。「前走より確実に良くなっているし体も張りがある」と状態面も今回のほうが明らかに上だ。

 コンビ8戦目の鮫島駿騎手も、4日のCBC賞で8番人気ファストフォースを勝利に導いて重賞3勝目を挙げるなど、この夏の勢いは十分。和田郎調教師は「いろいろな戦法を取る騎手だが、思い切りがいいので手は合っている。テンから出していって、最後まで頑張らせてくれるので、コースにも合うのだと思います」と信頼を寄せる。

 「一番合っている舞台だし、ここを目標にやってきた。勝てるチャンスは十分あると思います」

 別定戦で1キロ斤量は軽くなり、週末は快晴の予報で馬場の心配もない。いざ千直の王座奪還へ、反撃態勢は整った。(三浦凪沙)

 ◆…ライオンボスは現在、新潟芝直線1000メートルでケイティラブ(2010年アイビスSDなど)と並ぶ歴代最多の4勝を挙げている。今回勝てば単独トップの5勝目。また、アイビスSD2勝はカルストンライトオ(02・04年)、カノヤザクラ(08・09年)、ベルカント(15・16年)に続く史上4頭目となる。

★アイビスSDの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

閉じる