中央競馬:ニュース中央競馬

2021.7.21 16:38

池江泰郎元調教師所有のオールタイムハイが8月18日小倉デビュー

8月15日の小倉新馬戦(芝1800メートル)でデビューするオールタイムハイ

8月15日の小倉新馬戦(芝1800メートル)でデビューするオールタイムハイ【拡大】

 2005年の3冠馬ディープインパクトなどを育てた元調教師の池江泰郎氏が所有するオールタイムハイ(栗・池江、父ディープインパクト、母ミリアグラシア、牡2)が、8月15日小倉の新馬戦(芝1800メートル)でデビューする。

 21日は栗東CWコースで一杯に追われ、6ハロン82秒2-11秒8の好タイム。マンインザミラー(3歳1勝クラス)に半馬身先着した。父の所有馬を管理する池江泰寿調教師は「しっかり動けていましたね。全体時計が速かったのに、しまいもしっかりしていました」と評価した。鞍上は武豊騎手の予定。

★オールタイムハイのプロフィルはこちら 調教タイムも掲載