中央競馬:ニュース中央競馬

2021.7.21 17:12

【リレーコラム】関東競馬エイト~今年もPOG指名馬が活躍!by高橋雄

20日東京の新馬戦を勝ったキミワクイーン

20日東京の新馬戦を勝ったキミワクイーン【拡大】

 先週、北海道苫小牧市のノーザンホースパークで開催された『セレクトセール 2021』。2日間合計で過去最高の225億円もの落札が成立する活況ぶりはわれわれ庶民にとっては天文学的な金額だが、今後スター候補が例年通りに担当厩舎に入厩するようならトラックマン冥利に尽きるだけに来年以降のPOG取材が今から楽しみ。

 今年は密着取材の成果もあって週間ギャロップ臨時増刊の『丸ごとPOG 2021~2022』のトラックマン推奨コーナーでピックアップしたコマンドライン(2位指名)が6月5日の東京芝1600メートル戦で、キミワクイーン(5位指名)も6月20日に東京芝1400メートル戦でそれぞれ期待に応えて新馬勝ちを決めてくれた。残りの指名馬のデビューも待ち遠しいところだが、先週16日に1位指名馬であるホウオウプレミア(父ロードカナロア、母アドマイヤテンバ、牡、美浦・奧村武厩舎)がトレセンに入厩。セレクトセールでで2億7000万円もの高値で取引された良血馬でさっそく管理するトレーナーを直撃すると、「一旦入厩させてゲート試験をパスさせた後、放牧に出しての再入厩ですが、牧場でも順調に調整が進んで戻ってきました。さすがのフットワークで、これから徐々に前進気勢も出てくるでしょう。これから鍛えていってオーナーや牧場サイドと協議して今後の予定を決めていきます」とのこと。

 自分にとっても“目玉的存在”なだけにじっくりと取材していくのでファンのみなさまにも注目していただきたい!

高橋雄一郎(たかはし・ゆういちろう) 関東エイト想定班 

取材・データ

自在

単勝・馬連・3連単

プロフィル

1972年生まれ、東京都出身、B型。競馬エイト編集部~サンスポ・レース部を経て念願のエイトTMに。昼夜を問わず関係者密着がモットーの馬券中毒人間。

予想スタイル

予想は厩舎関係者への取材をベースに、データや血統を織り交ぜるスタイル。臨機応変ではあるが、基本は回収率重視の穴予想。3連単も買うが、大勝負は単勝、馬連にガッツリ投入。

※高橋雄一郎の予想を閲覧するにはベーシックパックをご購入していただく必要があります