中央競馬:ニュース中央競馬

2021.7.18 16:11

サンスポ柴田が函館記念で22万8900円

函館記念を《馬連》76.3倍と大本線で的中、22万8900円を計上して明日からの函館出張にうってつけの資金稼ぎができた東京サンスポの柴田章利記者

函館記念を《馬連》76.3倍と大本線で的中、22万8900円を計上して明日からの函館出張にうってつけの資金稼ぎができた東京サンスポの柴田章利記者【拡大】

【柴田章利のちゃんと予想もしますから】日曜函館11R

 月曜から函館に移動します。今年は東京五輪のため、例年より3週、後ろにずれての開催。ということは、いつもおいしくなり始めたところで帰らなければならなかったイカが一番おいしい時期ということ。コロナ禍なので夜ではなく、朝の取材が終わったあとに市場に食べに行こうと思います。楽しみだ。

 いつもは現地で観戦していた【函館11R・函館記念】ですが、今年はテレビで見ます。◎は⑧トーセンスーリヤ。成績急上昇の横山和騎手ですが、「なぜ、横山和騎手はこんなに勝てるようになったのか?」と松岡騎手に聞くという夢を見ました。答えを聞く前に目が覚めたので理由はわかりませんが、もともとうまかったのが、本人の努力で成績が上がっていい馬が回ってくるようになって、また成績が上がるという好循環なのでしょう。このトーセンスーリヤは横山和騎手で昨年の新潟大賞典を勝ってブレイクするきっかけとなった馬。昨年は宝塚記念に挑戦しましたが、もともと暑いのが苦手で夏は北海道で過ごしていた馬。今年は涼しい北海道で英気を養っているはずです。

《馬連》
 ④-⑧ 3000円
 ⑧-①⑩ 各2000円
 ⑧-③⑨⑭ 各1000円

 ※結果…東京サンスポの本紙予想担当・柴田章利記者が◎を打った⑧トーセンスーリヤが完勝。2着には人気薄のアイスバブル(14番人気)が突っ込んできましたが、これがなんと大本線での的中でした。《馬連》は76.3倍、払い戻しは22万8900円。明日からの函館出張にうってつけの資金稼ぎができました。

柴田章利(しばた・あきとし) 東京サンスポ本紙予想担当 

展開・取材

本命~中穴

馬連

プロフィル

1972年生まれ、静岡県出身。週刊ギャロップ編集部を皮切りにサンスポとギャロップを行ったり来たり。本紙予想になったのをきっかけに頭髪が真っ白になったが、染めて若作りしていたのをやめただけ。

予想スタイル

本紙予想になったことで、できるだけ冷静に各馬の能力を判断するようになった。不利や展開なども加味して総合的に予想するスタイル。

※柴田章利の予想を閲覧するにはベーシックパックをご購入していただく必要があります