中央競馬:ニュース中央競馬

2021.7.12 17:09

【函館記念】レース展望

今年のフェブラリーSを制したダート王カフェファラオ

今年のフェブラリーSを制したダート王カフェファラオ【拡大】

 函館では日曜メインに当地最大のレース、函館記念(18日、GIII、芝2000メートル)が行われる。昨年の3連単343万馬券をはじめ、3連複と3連単は過去10年全て、馬単も7度の万馬券が飛び出す波乱必至のレースとして有名なハンデ重賞だ。

 今年は異例の参戦で話題を集めるのが、今年のフェブラリーSを制したダート王カフェファラオ(美浦・堀宣行厩舎、牡4歳)。クロフネ、イーグルカフェ、アドマイヤドン、モズアスコットなど、芝でGIを制した馬がダートにも挑戦するケースはあるが、ダートで頂点を極めた馬が芝に挑戦するケースは珍しい。若い頃は砂路線が中心だったアグネスデジタルもGI初制覇は芝のマイルチャンピオンシップだったくらいだ。この挑戦について、堀調教師は「(地方)交流競走の2戦(ジャパンダートダービー7着、かしわ記念5着)はしっかり力を出せていない。地方のダートが合わないのか、それとも小回りが合わないのか。秋に向けて、シャープターンと小回りコースへの適性を見てみたいと思い、函館記念、札幌記念を視野に入れて挑戦してきた」と理由を明かした。まずは芝で予定している最終追い切りでどんな動きを見せるか。ただし、ハンデが重すぎると判断されれば函館記念をパスして、札幌記念に目標を切り替える可能性も。12日に決まったハンデはトップの58・5キロ。陣営の判断が注目される。

 昨年の覇者アドマイヤジャスタ(栗東・須貝尚介厩舎、牡5歳)は、その後未勝利で掲示板(5着以内)にすら載れていない。不振から抜け出すことがなかなかできない近況だが、昨年も同様の状況からいきなり函館記念で激変した。北海道特有の力のいる洋芝が合うのかもしれない。前年より2キロ増のハンデ56キロは想定内。1年ぶりの復活で連覇なるか。

 マイネルウィルトス(栗東・宮徹厩舎、牡5歳)は不良馬場だった前走の福島民報杯を2着に1秒8の大差をつけてV。それまで条件戦で苦戦し続けていた馬が、一気に重賞戦線に浮上。さらには前走の圧勝劇を受け、陣営は凱旋門賞(10月3日、仏パリロンシャン、GI、芝2400メートル)への登録も行った。フランス遠征を行うかどうかは、今回の結果次第。全5勝を直線平坦コースで挙げており、初めての函館コースでも能力を発揮できそうだ。ハンデ56キロは見込まれた印象だが、定量戦では57キロで3勝しているので大きな影響はなさそうだ。

 サトノエルドール(美浦・国枝栄厩舎、牡5歳)は一時期3勝クラスの壁に阻まれていたが、ブリンカーを着けた3走前で競馬ぶりが一変。勝負どころで前を射程に入れつつ、最後まで集中力を維持できるようになった。新潟大賞典こそ10着に敗れたが、続く巴賞できっちりV。初の洋芝で好結果を残せたのも大きかった。今回はハンデ56キロ。別定戦とはいえ、前走が56キロだったので問題ないだろう。勢いそのまま連勝で重賞初制覇を狙う。

 昨年の新潟大賞典の勝ち馬トーセンスーリヤ(美浦・小野次郎厩舎、牡6歳)は1年以上勝ち星こそないが、今年も中山記念5着、新潟大賞典4着と決して力が衰えたわけではない。函館の芝は【0・3・0・0】と得意なコースといっていい。あとは良馬場がいい馬なので、当日の天気・馬場状態がポイントになる。ハンデは前走の新潟大賞典と同じ56キロ。

 伏兵も多い。マイネルファンロン(美浦・手塚貴久厩舎、牡6歳)=55キロ=とドゥオーモ(栗東・野中賢二厩舎、牡8歳)=53キロ=は函館記念で2着の実績がある。レッドジェニアル(栗東・高橋義忠厩舎、牡5歳)=57キロ=もGII京都新聞杯勝ちの実績馬だ。近況不振ながらバイオスパーク(栗東・浜田多実雄厩舎、牡6歳)=57キロ=は昨年の3着馬で秋に福島記念を制している。5着だったが、巴賞で1番人気だったワールドウインズ(栗東・武幸四郎厩舎、セン4歳)=56キロ=も見限れない。12日時点で除外対象1番手だが、今年の中山金杯と中山記念でともに3着だったウインイクシード(美浦・鈴木伸尋厩舎、牡7歳)=56キロ=も出走がかなえば侮れない。

★函館記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載