中央競馬:ニュース中央競馬

2021.6.19 12:17

【マーメイドS】血統アナリシスbyウマニティ

内回りらしい持続力勝負になることで、瞬発力よりもスタミナや底力が問われやすい

ウマニティ重賞攻略チームが毎週末の重賞をあらゆる切り口で考察!今回はマーメイドステークス2021・血統予想をお届けします!

昨年はハービンジャー産駒の7番人気サマーセントが50kgの軽ハンデも味方に重賞初制覇を達成。なお、同種牡馬の産駒は過去にも19年ウインクルサルーテが16番人気5着、18年ヴァフラームが13番人気4着と二桁人気ながらに上位を賑わせていたが、いずれもハンデ50kgで大駆けしていたことも特徴と言えるだろう。

ほか、トニービンやSeattle Slewといった持続力に優れた血統を評価しやすく、いずれにしても牝馬らしい一瞬の切れ味は問われないため、パワーやスタミナに長けた少し泥臭いタイプが狙い目となる。3勝、2着3回と好相性を示すディープインパクト産駒においても連対した半数が7番人気以下なので、やはり世間の思い描くディープインパクトらしさを感じさせないタイプのほうが好走しやすい。

クラヴェルは、父エピファネイア×母ディアデラマドレ(母の父キングカメハメハ)。ドレッドノータスやディアデルレイの姪にあたる血統で、母ディアデラマドレは牝馬限定の中距離重賞を3勝した。本馬はデアリングタクトを筆頭に好成績を残す母の父キングカメハメハとなるエピファネイア産駒。デビュー時から20kg以上体重が増えていることに好感を抱けるが、ポトリザリスに遡る牝系は古馬になってから本格化を果たすところがあり、母ディアデラマドレも14年マーメイドSで重賞初制覇を飾っていた。

シャムロックヒルは、父キズナ×母ララア(母の父Tapit)。半姉サラス、半姉セラピア、ともにJRAで4勝を挙げた実績があり、どちらかといえばきょうだいは牝馬の活躍が目立つ傾向にある。また、半姉サラスは19年マーメイドSの勝ち馬なので、本馬は姉妹制覇のかかった一戦となるが、半姉同様に阪神競馬場では底を見せていない戦歴には気を配る必要がありそうだ。ほか、ディープインパクト系のなかでもパワーやスタミナ方向に振れやすいキズナ産駒ということも強調しやすい。

ミスニューヨークは、父キングズベスト×母マンハッタンミート(母の父マンハッタンカフェ)。牝系を遡ると6代母YetiveがGraustarkの全妹、His Majestyの全姉にあたる血統馬。なお、Graustark=His Majesty全兄弟と言えば、スタミナや底力を伝える種牡馬として周知されている。そういった牝系のイメージに加え、本馬は父がキングズベスト、母の父がマンハッタンカフェなので瞬発力は皆無と言っても過言ではなく、やはり道悪や内回りのタフな展開で強みを発揮するタイプと言えるだろう。

【血統予想からの注目馬】
(13)クラヴェル (1)シャムロックヒル (15)ミスニューヨーク

(提供元:競馬予想のウマニティ