中央競馬:ニュース中央競馬

2021.6.18 05:00

【ユニコーンS】ダート界の大王へ!ピンクカメハメハ好仕上がり

栗東坂路を力強く駆け上がるピンクカメハメハ。国内復帰戦で重賞初Vを狙う(撮影・安部光翁)

栗東坂路を力強く駆け上がるピンクカメハメハ。国内復帰戦で重賞初Vを狙う(撮影・安部光翁)【拡大】

 ユニコーンSの追い切りが17日、栗東トレセンで行われた。2月にサウジダービーを勝ったピンクカメハメハは、坂路単走で余力十分に4ハロン51秒8の好時計をマークし、好仕上がりをアピール。3月のUAEダービー10着以来となる国内復帰戦で重賞初Vを狙う。

 涼しさが残る朝一番の栗東坂路を真っすぐ駆け上がった。サウジダービーを制したピンクカメハメハにとって、約3カ月ぶりの実戦となる国内復帰戦。調整役を務めた松本騎手(実戦は北村宏騎手)は成長を口にした。

 「気のいいタイプで動きは良かったです。サウジアラビアに行く前の調教も乗っていましたが、2歳時に比べてしまいの時計が出るようになっています。(海外遠征の)疲れはないと思います」

 雨の影響が残る稍重の馬場を、小気味よく登坂。直線でスムーズに加速し、馬なりで4ハロン51秒8-12秒4をマークした。自己最速を叩き出した6日の4ハロン51秒5-12秒3に続く好時計で、仕上がりの良さを示した。

 朝日杯FS勝ち馬リオンディーズの産駒で、デビュー以来芝で使われたが、7戦目で初めてダートに転じたサウジダービーで優勝(1着賞金90万ドル=当日のレートで約9500万円)。続くGII・UAEダービーは10着に敗れたが、経験を積んでたくましくなって帰ってきた。村上助手は「以前はイレ込むことが多かったですが、海外に行ってから精神的に落ち着きが出てきて、成長を感じます」とうなずき、「力は出せる状態なので当日のテンションが鍵ですね。前めで、砂をかぶらない位置で競馬ができれば」と力を込めた。

 サウジダービーは国際格付けがなく、“ダービー馬”とはいえ重賞は未勝利。凱旋レースで待望の初タイトルをつかみ、ダート界の大王への道を切り開く。(川端亮平)

★ユニコーンSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載