中央競馬:ニュース中央競馬

2021.6.5 15:59

【鳴尾記念】ユニコーンライオンが影踏ませぬ逃走V!

鳴尾記念を逃げ切り重賞初制覇を果たしたユニコーンライオン

鳴尾記念を逃げ切り重賞初制覇を果たしたユニコーンライオン【拡大】

 6月5日の阪神11Rで行われた第74回鳴尾記念(3歳以上オープン、GIII、芝2000メートル、別定、13頭立て、1着賞金=4100万円)は、坂井瑠星騎手騎乗の8番人気ユニコーンライオン(牡5歳、栗東・矢作芳人厩舎)がハナに立ってレースを進めると、4コーナーではさらにリードを広げて、そのまま影を踏ませぬ逃走で3馬身半差の快勝。宝塚記念に向けた重要な一戦を制し、重賞初制覇を果たした。また、矢作調教師はJRA重賞50勝目を飾った。タイムは2分00秒7(良)。

 3馬身半差の2着には2番手追走のショウナンバルディ(9番人気)、さらに3/4馬身遅れた3着に昨年の有馬記念以来の出走となったブラストワンピース(5番人気)が入った。なお、1番人気で重賞連勝を狙ったサンレイポケットは6着に敗れた。

 ◆坂井瑠星騎手(1着 ユニコーンライオン)「状態がすごく良かったので、この状態でどれだけやれるか、楽しみにしていました。結果を出せてうれしいです。何かが行くようなら行ってもらって、その後ろでもいいと思っていましたが、ゲートが速かったですし、特に主張してくる馬もいなかったのでハナという形を選びました。瞬発力勝負では少し分が悪いので、3~4コーナーから早めに動かして、直線もしっかり反応してくれましたし、あとは誰も来ないでくれと思いながら追っていました。所属である矢作厩舎の馬で(厩舎が)重賞50勝を勝ててうれしいです。オーナーのライオンレースホースさんも、デビューの頃から乗せていただいて、すごくお世話になっていたので、少しは恩返しができたかなと思います」

 鳴尾記念を勝ったユニコーンライオンは、父No Nay Never、母Muravka、母の父High Chaparralという血統。アイルランド・Desert Star Phoenix Jvcの生産馬で、馬主はライオンレースホース(株)。通算成績は18戦5勝。重賞は初制覇。鳴尾記念は管理する矢作芳人調教師、騎乗した坂井瑠星騎手ともに初勝利。

★【鳴尾記念】払い戻し確定!! 全着順も掲載

関連

  • 後続に3馬身半差をつけ快勝したユニコーンライオン(右)
  • 逃げ切って鳴尾記念を制したユニコーンライオン
  • 鳴尾記念を制したユニコーンライオンと坂井瑠星騎手
  • 鳴尾記念を制したユニコーンライオン
  • ユニコーンライオンを勝利に導いた坂井瑠星騎手
  • 鳴尾記念で2着に敗れたショウナンバルディ
  • 鳴尾記念で3着に敗れたブラストワンピース