中央競馬:ニュース中央競馬

2021.5.23 20:00

【みんなの反省会】オークス~樫だけに的を絞ったローテーションが実を結んだby横山TM

3歳牝馬の頂上決戦・オークスを制し、樫の女王に輝いたユーバーレーベン。鞍上のM・デムーロ騎手はゴール後に天に指を立てた

3歳牝馬の頂上決戦・オークスを制し、樫の女王に輝いたユーバーレーベン。鞍上のM・デムーロ騎手はゴール後に天に指を立てた【拡大】

デスク きょうは牝馬クラシック第2戦のオークス。ゴールドシップ産駒の3番人気のユーバーレーベンが1馬身差で勝利した。無敗で牝馬クラシック2冠制覇を狙ったソダシは8着。波乱となったこのレースを◎〇でずばり的中した横山英二トラックマン(TM)に自慢してもらおう。

横山TM ユーバーレーベンは完勝といえる内容でしたね。課題のスタートが決まったし、直線では横一線の追い比べから、ぐいぐい伸びて抜け出しました。豊富な体力と決定力を見せつけ、オークスだけに的を絞ったローテーションも実を結びました。

デスク 牝馬3冠のアパパネを母に持つアカイトリノムスメが2着。

横山 折り合って直線を迎えましたが、外に出せず、内へ切り込んでしまいました。きょうは外が伸びる馬場で、立ち回りの差が出た印象でした。力は十分に見せたし、スタミナもありますね。

デスク 3着には16番人気のハギノピリナが激走したな。

横山 少しズブいタイプですが、4コーナーから良い脚を長く使って、勝ち馬に迫る場面を演じましたね。スタミナはかなりなもので今後が楽しみです。

デスク そして断然1番人気のソダシがまさかの8着だが敗因は?

横山 クロフネ産駒のソダシにはやっぱり2400メートルは長かったです。2コーナーでは不利もあったし、リズム良く脚をためられなかったですね。スタミナを切らして、直線の坂の途中で脚が止まってしまいました。でも、2000メートルまでならこなせそうですね。

デスク 来週は競馬の祭典・日本ダービー。2007年のウオッカ以来の牝馬Vを狙う、桜花賞2着馬のサトノレイナスの参戦や、エフフォーリアが昨年のコントレイルに続き、無敗でクラシック2冠を達成できるか楽しみだな。それと君は昨年の日本ダービーの3連単(5140円)を的中していたな。今年もきっちり当てて自慢してくれよ。

横山英二(よこやま・えいじ) 関東エイト時計班 

全要素を駆使

3連系

プロフィル

1973年生まれ、埼玉県出身。ギャンブル中毒者で愛読紙のひとつ競馬エイトへ。競馬にはドラマではなく配当だけを求めているゴリゴリの穴屋。常人の盲点を突く-が予想の主幹。

予想スタイル

調教、データ、レース内容はもちろんのこと、最近は血統も少しかじる。本命サイドの馬券はまず買わない。予想も常にフルスイングを心がけており、毎週独り勝ちを目指す。

※横山英二の予想を閲覧するにはベーシックパックをご購入していただく必要があります