中央競馬:ニュース中央競馬

2021.5.15 18:28

【京王杯SC】カイザーミノルは人馬とも重賞初Vならず3着 荻野極「頑張ってくれている」

京王杯SCで3着に敗れたカイザーミノル

京王杯SCで3着に敗れたカイザーミノル【拡大】

 5月15日の東京11Rで行われた第66回京王杯スプリングカップ(4歳以上オープン、別定、GII、芝1400メートル、17頭立て、1着賞金=5900万円)は、ミルコ・デムーロ騎手騎乗の1番人気ラウダシオン(牡4歳、栗東・斉藤崇史厩舎)が直線力強く抜け出しゴール。NHKマイルC以来、約1年ぶりとなる復活の勝利をあげ、安田記念(6月6日、東京、GI、芝1600メートル)への優先出走権を獲得した。タイムは1分19秒8(良)。

 人馬ともに重賞初制覇を狙ったカイザーミノルは、ラウダシオンをマークするような形ですぐ後ろを追走。直線、追い出されてからジリジリと脚伸ばすもなかなか差は縮まらず、最後はトゥラヴェスーラに差されて3着に終わった。

 ◆荻野極騎手「好位で競馬ができて直線もいい反応を見せてくれました。勝ち馬を見ながらロスなく行けましたし、あともう少しでした。頑張ってくれています」

★【京王杯SC】払い戻し確定!! 全着順も掲載