中央競馬:ニュース中央競馬

2021.5.15 04:52

【ヴィクトリアM】枠順の明暗

 <美浦トレセン>

 GI5勝目を狙うグランアレグリアは2008、09年と連勝した〔3〕枠(6)番。「いいところ。良馬場でやれそうなのは何より」と藤沢和調教師。15日に東京競馬場に移動する。

 マジックキャッスルは〔1〕枠(1)番。第1回にダンスインザムードが勝った後は連対がない。「真ん中くらいが良かったけど、仕方ない。距離ロスなく回ってきて直線で広い外に出せれば」と国枝調教師はやや渋い表情。

 4連勝中のテルツェットは過去2着2回の〔5〕枠(9)番。「外は嫌で、内でもいいかと思っていましたが、真ん中くらいのいい枠ですね」と和田郎調教師。

 マルターズディオサは〔4〕枠(7)番。「ここなら問題なさそう。良馬場がいいので、あとは馬場状態だけですね」と平塚助手。

 レッドベルディエスは〔5〕枠(10)番。「奇数偶数は問わないし、大外じゃなければと思っていた」と鹿戸調教師。

 アフランシールは〔7〕枠(15)番。まだ連対馬が出ていない枠だが「基本的にフラットなコースなので、枠順でどうこうはないと思います」と尾関調教師。

 スマイルカナは過去に唯一3着以内がない〔8〕枠(17)番。「前めに行く馬だけに、外枠は歓迎ではないね。ハナにこだわらず(ゲートを)出たなりの競馬で」と高橋祥調教師。

 <栗東トレセン>

 2頭出しの友道厩舎は、GI初制覇を目指すデゼルが〔3〕枠(5)番。過去2勝で、2017年にはアドマイヤリードが4歳でGI初制覇した。「極端な枠じゃなくて良かった。奇数でも、ゲートは悪くないので大丈夫」と友道調教師。ランブリングアレーの〔4〕枠(8)番は13年2着が最高。「ちょうどいい枠じゃないかな」と前を向いた。

 高松宮記念2着レシステンシアは昨年サウンドキアラが2着の大外〔8〕枠(18)番。「もう少し内が良かった。あとは出たなりで(武豊)ジョッキーに任せます」と松下調教師。

 サウンドキアラは昨年アーモンドアイが勝った〔6〕枠(12)番。「後入れの偶数なので良かった」と安達調教師。

 2頭出しの中内田厩舎はダノンファンタジーが〔6〕枠(11)番で、リアアメリアが〔8〕枠(16)番。(11)番は13年のヴィルシーナなど2勝、(16)番は11年にアパパネがVで「決まった枠でやるだけ」と片山助手。

 ディアンドルは14年にヴィルシーナが勝った〔7〕枠(14)番。人馬ともにGI初制覇を狙う団野騎手は「枠はそこまで気にしていません。内枠でもまれるよりいいですし、スムーズに運べれば」と気合。

 シゲルピンクダイヤは09、10年と連続2着がある〔1〕枠(2)番。渡辺調教師は「ロスなく運べるし、いいんじゃないですか」と期待。

 クリスティは07年アサヒライジングの2着が最高の〔2〕枠(3)番。「スタートセンスのいい馬なので、内枠を生かした競馬をしてくれれば」と杉山晴調教師。

 イベリスは〔2〕枠(4)番。18、19年の連覇を含む最多の3勝で、全て単勝5番人気以下で高配当を呼んだ。「内の(3)番(クリスティ)も行くからね。向こう(の出方)次第で番手でもいいけど、できればハナを切りたい」と角田調教師。

 プールヴィルは16年にストレイトガールが勝った〔7〕枠(13)番。「ゲートの上手な馬なので、枠番は気にしていません」と庄野調教師。

★ヴィクトリアMの出馬表はこちら 調教タイムも掲載