中央競馬:ニュース中央競馬

2021.5.15 13:45

【馬場情報】15日(土)

 《東京競馬場》 芝・良 ※クッション値 9.9(標準、測定時刻7:00) ダート・良
 【芝】4Rの芝1400メートルで騎乗したルメール騎手は「そこまで硬くはないです。馬にとっては走りやすいコンディションだと思います」とのこと。1分21秒2の勝ち時計もメンバーを考えれば悪くない。速い時計の裏づけがある馬を狙うべきだろう。ただ、この舞台のBコースは先行馬に有利だが、勝ったのは断然人気で2番枠を引き、好位で運んだアークライトではなく、16番で中団の後ろから外めに出したフロスティクォーツだった。先週から外の方が伸びる馬場になっているが、その傾向は続いている可能性はある。(関東エイト・片桐靖弘)

 【ダート】良発表で含水率もゴール前2・0%、4コーナー2・5%もかなり低く、かなり乾いた状態。ただ、1Rの未勝利ダ1400メートルの勝ちタイムは1分25秒4と牝馬限定のメンバーとしては遅くなかった。「乾いてはいるが、グリップも利いて走りやすい状態。あまり力がいる感じはしませんよ」と北村宏司騎手。馬場が乾いても比較的走りやすく、時計がかからないのは先週までと同じ。パワーよりスピード優先の馬場で、前に行った馬も止まりづらい。後ろから差すにはかなり速い上がりタイムが要求される状況だと言っていいだろう。(関東エイト・松本ヒロシ)

 《中京競馬場》 芝・良 ※クッション値 10.0(標準、測定時刻6:30) ダート・良
 【芝】上がりが速く、2週目で芝のコンディションは良好。好位辺りなら差しも決まる。

 【ダート】砂はパサパサ。逃げ、先行有利が顕著。差し馬は勝ち切れないまでも、掲示板には必ず来ている。(関西エイト・林ミッキ)

 《新潟競馬場》 芝・良 ※クッション値 9.4(標準、測定時刻7:00) ダート・良
 【芝】見た目だと全体的に特に内の悪さが目立つが、「インも今はまったく問題なく伸びますよ。明日は雨予報だから分からないけど…」と城戸義政騎手。きょうは内めの位置が取れる先行勢が有利かも。(関東エイト・翔太郎)

 【ダート】良馬場でスタート。今日は天気が崩れる心配はなく、このまま良馬場で行われそう。「少し湿っている良馬場で、走りやすいです。ペースにもよりますが、差しが決まる可能性は大きいです」と小林斗脩騎手。これから気温が上がり、馬場がパサパサに乾いてくると前が残るシーンもありそうだ。(関東エイト・高尾幸司)