競馬エイト・ヒロシTMの土曜の狙い目、東京ダート2100メートルはこう狙え!

2021.5.15 10:00

 スタートして最初のコーナー(1コーナー)までの距離が240メートルしかなく、先手争いが激化する前にペースが落ち着きやすい。そして、向こう正面には緩い上り坂が。このコースは前半部分に減速要素が満載。しかも、最後の直線は長い(501メートル)だけに、ペースが遅いからといって途中からまくり上げていってスタミナをロスするのは愚策だと騎手たちも考える。予想以上のハイペースになることもあるが、それはまれ。基本的にはある程度先行できること(1コーナー5番手以内)が大きなアドバンテージになる舞台で、ペースが遅くなるケースが多いのだから、出足が極端に遅くない限りは枠も内枠(馬番(1)~(6))がかなり有利。そこを頭に叩き込んでおけば、馬券を買う筋道もはっきり見えてくるはずだ。

 土曜日は8Rにダート2100メートルが組まれている。次走で東京ダ2100メートルを使ってくれば狙いたいと思っていたエターナルボンド。枠順も3枠(6)番と絶好の場所を引き当てた。狙いたかった根拠は前走のレースぶりと、騎乗した北村宏騎手のレース後のコメント。出足がつかず手綱を押して中団の位置には取りついたが、スローペースの割には展開が縦長に。早めにスパートをかけたぶん3、4コーナーでも外を回されるロスの連続。それでも直線ではよく差を詰めてきたが北村宏騎手によると「キックバック(前の馬が蹴り上げる砂)を嫌がって進みが悪く、勝負どころでも後手に回る形に。ストライドが大きくあまり器用ではないので、中山でああなっては余計にきつかった」とのこと。「東京でもう一度乗ってみたい」とも言っていたが、前走は騎乗予定だった田辺騎手が6Rで落馬負傷したことによる、急遽の乗り替わり。今回はデビュー戦から6戦続けて乗っていた田辺騎手にまた戻ることに。今回はキックバック対策としてパシファイアーを装着。大跳びで初速が遅く、だんだんとエンジンがかかっていく脚質だけに、同じ長丁場でも中盤で流れが落ち着きやすい東京なら、もっと余裕を持って走れることは間違いない。出足さえつけばこの枠順も絶好。パシファイアーの効果でキックバックに耐えられれば、序盤のポジション取りに苦労することもないのでは。(関東競馬エイト・競馬予想ツール「Deep」総合アドバイザー、松本ヒロシ)

閉じる