中央競馬:ニュース中央競馬

2021.5.13 04:45

【オークス】ソダシ無敗牝馬2冠へ!CWで馬なり最先着

オークスで無敗の2冠達成を狙う白毛馬ソダシ(左)は、栗東CWコースでの3頭併せで貫禄の最先着。またがった吉田隼騎手は反応の良さを評価した

オークスで無敗の2冠達成を狙う白毛馬ソダシ(左)は、栗東CWコースでの3頭併せで貫禄の最先着。またがった吉田隼騎手は反応の良さを評価した【拡大】

 《栗東》無敗での2冠達成を狙うソダシ(須貝)は馬なりでCWコース5ハロン69秒5-11秒7で僚馬2頭に1馬身差をつけて最先着した。騎乗した吉田隼騎手は「動きに変わりはありませんが、気が入った感じです。反応の良さは出てきているかな」と説明。「2400メートルをこなす体力はあります。ポイントは折り合い。そこさえクリアできれば、今のクラスなら力は上」と結んだ。

 アールドヴィーヴル(今野)は馬なりで坂路4ハロン51秒4-12秒8。「控えめにやって、これですからね。脚力があります。本質的にはマイルよりもこれくらいの距離の方が力を出せると思います」と今野調教師。

 エンスージアズム(安田翔)は坂路ラスト1ハロン12秒4(4ハロン51秒3)。「目いっぱいの負荷をかけられましたし、この追い切りでガラッと変わってくれると思います」と安田翔調教師。

 《美浦》ファインルージュ(木村)はWコースで長めから行き、5ハロンは68秒0-12秒6。ゴール前で仕掛けられて併入した。「日に日に活力が戻っているし、基礎体力のベースを上げるという要求には応えてくれています」と木村調教師。

 アカイトリノムスメ(国枝)はWコース5ハロン66秒7-12秒8。馬なりで内から併入した。「軽い走りをしていたし、いいんじゃないかな」と国枝調教師。

 スライリー(相沢)はWコース5ハロン64秒5-12秒3。外の馬にややアオられ気味だったが「稽古駆けする相手にこれだけ動けば十分。来週はサラッと」と相沢調教師。

★オークスの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載