中央競馬:ニュース中央競馬

2021.5.13 16:44

2週ぶりの勝利へ!菜七子は新潟土曜6鞍、日曜6鞍の計12鞍騎乗

藤田菜七子騎手は2週ぶりの勝利を目指して新潟で計12鞍騎乗する

藤田菜七子騎手は2週ぶりの勝利を目指して新潟で計12鞍騎乗する【拡大】

 5月15、16日の出走馬が13日に確定した。藤田菜七子騎手(23)=美浦・根本康広厩舎=は、引き続き新潟競馬に参戦し土曜6鞍、日曜6鞍の計12鞍に騎乗。4月25日の新潟4R(サンタグラシア)以来、2週ぶりの勝利を目指す。

 今回と同じ舞台の前走で、メンバー上がり最速の末脚で2着に入線したノアスマッシュ(土曜3R)、新馬戦(8着)以来の騎乗となる自厩舎馬のネイチャーシップ(土曜5R)、2走前の伊万里特別(2勝クラス)では直線の叩き合いを制し、勝負強さを見せたジャスパーイーグル(土曜11R)、前走から距離短縮でプラスに働きそうなイントゥザワールド(日曜6R)、近走は常に上位人気に支持されており、素質は高いヴァンデリオン(日曜7R)、5戦連続2着と待望の2勝目まであと一歩のトミケンルーア(日曜9R)などに騎乗することになっている。

 また、永島まなみ騎手(18)=栗東・高橋康之厩舎=は計11鞍(土日ともに新潟)の騎乗を予定している。

★「藤田菜七子騎手の特集ページ」はこちら!フォトギャラリーなど菜七子の魅力が満載!