中央競馬:ニュース中央競馬

2021.5.13 16:07

相沢師コラム・トレセン365日WEB版(158)~得意の府中で決めるぞ・アストロブレイク

15日東京9Rの日吉特別に出走するアストロブレイク。東京では【1・3・2・0】と崩れ知らずで、相沢師は苦戦続きの厩舎を救う快走に期待している

15日東京9Rの日吉特別に出走するアストロブレイク。東京では【1・3・2・0】と崩れ知らずで、相沢師は苦戦続きの厩舎を救う快走に期待している【拡大】

 札幌競馬場で11日、HBAトレーニングセールが開かれました。新型コロナ禍のために昨年は中止されたので、2年ぶりの開催でした。4月に行われたJRAブリーズアップセールと同様にインターネットを利用したオンラインビット(入札)も導入。なかなか活発なセリが展開され、無事に終わりました。競馬番組の司会を務めているお笑いトリオ・ジャングルポケットの斉藤慎二さんがジャングルポケット産駒を落札しようとしたことでも話題を集めましたね。夏に控えるセレクトセール、セレクションセールも予定どおりに開催されることを祈っています。

 ただ、現地ではコロナ対策のためにJRAの厩舎関係者と購買登録者はフロアを分けてセリが進行しました。つまり、調教師と馬主さんが相談しながら落札することが難しかったのです。そうなると、馬主さんが自分の判断で落札した馬を預けられることになり、調教師としては非常にやりづらいですね。調教師が馬を探してオーナーに買ってもらうというのが本来の姿だと思いますが、これではあべこべ。コロナ禍が収まった後でも、この流れが定着してしまわないか不安です。

 東京都への緊急事態宣言は延長されましたが、大規模イベントの開催要件が緩和されたため、今週末から東京競馬場にはファンの入場が再開されます。一方、国立の博物館や美術館は休業が継続と、基準が明確ではないのが気になります。栗東では調教師1人のコロナ感染も確認されました。JRAの調教師、騎手から感染者が出るのは初めてのケース。より一層の危機感を持って、感染防止に努めていきたいと思います。

 今週は15日東京9R・日吉特別(4歳上2勝クラス、ダ1400メートル)のアストロブレイクが楽しみ。東京では【1・3・2・0】と崩れ知らず。2月の前走後は得意の府中まで間隔をあけて待機していました。今週の動きはものすごく良かったですよ。2、3番手に控えてもいいし、他の馬が行かなければ逃げても大丈夫。強い馬がだいぶクラスを卒業しただけに、力も上だと思います。苦戦続きの厩舎を救う快走に期待します。

相沢 郁(あいざわ・いくお)

 1959年6月19日生まれ。北海道出身。麻布大学獣医学部で獣医師免許を取得。98年に厩舎を開業。初年度からウメノファイバーが京王杯3歳Sを優勝し、翌年にオークス制覇。2012、13年にJRA賞優秀調教師賞を受賞。これまでにJRA重賞18勝をあげている。趣味はお酒。