中央競馬:ニュース中央競馬

2021.5.13 10:28

【ズバッと!言いたい放題】ヴィクトリアM

夕刊フジの水谷記者は、左回り巧者のリアアメリアが先行策で一変すると読む

夕刊フジの水谷記者は、左回り巧者のリアアメリアが先行策で一変すると読む【拡大】

 しの 今週は古馬のマイル女王決定戦です。

 大王 この距離なら昨年の最優秀短距離馬グランアレグリアを信頼する。大阪杯4着は極端に悪化した馬場にスピードと瞬発力を封じられた結果で、決して力負けではない。

 しの 週末の天気はまた怪しそうですが、ベスト距離なら多少の悪化でも評価は下げられませんね。

 東京サンスポ・片岡 追い切りはやればなんぼでも動いて時計も出るけど、そこまで動かす必要はないくらい。女王の風格が漂っとるよ。

 大王 デゼルは父ディープに、母が仏1000ギニー&オークスの2冠を制したアヴニールセルタン。世界的な良血馬が古馬になって本格化している。

 水谷 友道調教師も「昨年末から今年にかけてようやく馬がパンとしてきて、心配な点はまったくなくなった」と楽しみにしとったで。

 しの スピード勝負ならレシステンシア。桜花賞以来のコンビとなる武豊騎手が東京でどう導くのか興味大です。

 水谷 松下調教師は「前走は初の1200メートルにもうまく対応してくれた。次のことを考えて、ジョッキーが出していかなかったのに2着に食い込めたのは収穫」やて。

 大王 マジックキャッスルは昨年の秋華賞2着馬。東京マイルは3歳時にクイーンCでのクビ差2着があり、コース替わりは問題ない。

 片岡 前走で体重を10キロ減らしたが、輸送時間が短い東京ならおそらく440キロ前後で出られるはず。体はきゃしゃでも、古馬になって体質が強化して自慢の末脚に磨きがかかってきた感じ。

 しの マルターズディオサは東京経験がオークス(10着)のみ。脚質的にコース適性に関しては悩ましいところですが、【3201】と戦績安定のマイルなら。

 片岡 最大の穴候補やね。Wコース単走でもしっかり集中して走れていた。前走の高松宮記念はさすがに忙しかったが、東京マイルなら反撃があると思うよ。

 大王 面白いのはクリスティ。素質を秘めていたキズナ産駒が力をつけ、前走の六甲Sで牡馬を一蹴。同型との兼ね合いがカギとなるが、ベストのマイルなら大駆けも。

 しの サウンドキアラは昨年の2着馬。勢いではその昨年に劣りますが、今年のメンバーなら上位に来ても不思議ありませんね。

 水谷 リアアメリアは東京と中京で重賞を勝っている左回り巧者。おそらく先行したローズSのようなレーススタイルが理想やと思う。グランに対してどこまでセーフティリードを保てるか。福永騎手の手腕にかかりそうやな。

 しの よく考えると先行勢が多いですね。天気も微妙だし、なかなか難しそうに思えてきました。

 水谷 まあ、大本命馬がおることやし、穴党としては思い切りバットを振るのみ。

 しの ものすごく適当に大振りしてるようで、最近はたまに当たったりしてますものね。

 水谷 褒められとるのか、けなされとるのかよう分からんが…。

 しの もちろん褒めてるに決まってるじゃないですか♪

(夕刊フジ)

★ヴィクトリアマイルの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載