中央競馬:ニュース中央競馬

2021.5.10 10:38

【オークス】白毛馬ソダシ無傷2冠制覇へ全開

ソダシ=栗東トレセン(撮影・岩川晋也)

ソダシ=栗東トレセン(撮影・岩川晋也)【拡大】

 23日に東京で行われる牝馬クラシック第2弾「第82回オークス」の登録が締め切られ、21頭がエントリーした。

 デビュー5連勝で桜花賞を制し、白毛馬として初めてクラシックを制したソダシが2冠制覇へ順調に調整を進めている。

 6日の2週前追い切りは栗東坂路で吉田隼騎手を背に4F53秒4、ラスト1F11秒9を馬なりでマーク。一杯に追われたOP馬ロジクライに1馬身先着した。鞍上は「動きは申し分ない。馬場入りのときに少し苦しがる面を見せるが、もともとそういう面がある。今の感じでペースを上げていければ」とうなずいた。

 桜から樫へは距離が800メートルも延びるが、絶対能力はナンバー1。また、ソダシの一族にはスタミナ豊富なダートの活躍馬が多く、血統的にこなす下地がある。

 桜花賞3着のファインルージュは父キズナがダービーを勝った舞台で逆転を狙う。桜4着で3冠牝馬アパパネの産駒アカイトリノムスメは母娘制覇へ虎視眈々だ。(夕刊フジ)

★オークスの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載