中央競馬:ニュース中央競馬

2021.5.9 12:24

メイショウキリモン待望V!史上2位の8連続2着でピリオド

待望の初勝利を挙げ、JRA史上2位となる8連続2着にピリオドを打ったメイショウキリモン

待望の初勝利を挙げ、JRA史上2位となる8連続2着にピリオドを打ったメイショウキリモン【拡大】

 メイショウキリモン(栗・荒川、牡3)が9日、中京3R(ダ1800メートル)で待望の初勝利。キャリア2戦目だった昨年10月10日の2歳未勝利戦から続いていた2着を、JRA史上2位の「8連続」で止めた。

 「最後までハミを取らず、集中力を欠いていましたが、勝ち切れて良かった」と団野騎手。同一着順のJRA記録は、タカヨシピット(1990年マイルCS勝ち馬パッシングショットの母)が76年8月22日から11月21日まで記録した9連続2着。