中央競馬:ニュース中央競馬

2021.5.9 10:33

【新潟大賞典】馬場の有利不利、教えます!byウマニティ

天気の推移や風による傾向変化に注意!状況に合わせて柔軟に対応するのがベター!

ウマニティ重賞攻略チームが、毎週末の重賞をあらゆる切り口で考察!今回は新潟大賞典・馬場の有利不利、教えます! をお届けします!

土曜日の新潟芝のレース結果、近年の新潟大賞典の結果をもとに、馬場や血統のバイアスを考察していきます。予想の際にお役立てください。

この中間は水曜日に4.5ミリの雨が降ったものの、大勢に影響を与えるほどではなく、土曜日の芝コースは終日良馬場(JRA発表)でレースが行われた。

メインR・谷川岳S(オープン・芝1600m外回り)の決着タイムは1分33秒9。代替競馬を経て芝の傷みが進んでいる反面、路盤の締まりが良くなってきたこともあってか、見た目以上に時計が出ているように思える。

土曜日の結果を検証すると、脚質に関しては差しがやや優勢。その一方で、枠順の有利不利は少ない印象。1枠および外枠の好走が多いように映るが、展開や進路取りによるものが大きく、過度の信頼は危険だろう。

ただ、日曜日の天気予報は雨のち晴れ。雨量が少なければ土曜日の傾向を踏襲する可能性は高いが、多く降るようだと路盤が緩み、状況が様変わりすることも考えられる。

加えて、西または西南西の風(スタンド前の直線が向かい風)が強くなる見通しなのも、悩ましいところ。判断に難しいが、脚質や枠順に捉われることなく、その時の状況に合わせて柔軟に対応するのが正解ではないか。

血統面については、近年の新潟大賞典を振り返ると、身体能力に優れた欧州血統の好走が目立つ。そのなかでも目を引くのは父キングマンボ系の活躍。近3年で4頭が馬券に絡んでおり、今年も該当する馬は積極的に狙っていきたい。

今回の出走メンバーで要点を満たしているのは、(1)ボッケリーニ、(5)ムイトオブリガード。従って当欄では、この2頭を注目株として推奨する。

【馬場予想からの注目馬】
(1)ボッケリーニ (5)ムイトオブリガード

(提供元:競馬予想のウマニティ