中央競馬:ニュース中央競馬

2021.5.6 11:38

【NHKマイルC】キーマンズトーク~矢作芳人調教師

矢作芳人調教師

矢作芳人調教師【拡大】

 3歳マイル王決定戦「第26回NHKマイルC」は、クラシックからの転戦組もいて激戦ムード。多彩なメンバー構成となったが、矢作芳人調教師(60)は主要前哨戦勝ちのバスラットレオン、ホウオウアマゾンを送り出す。ワンツーまで狙える強力先行2頭のレースプランを聞いた。

 ◇

 --バスラットレオンはNZTで5馬身差勝ち

 矢作芳人調教師「枠順も良く、自信を持って送り出したが、想像以上の強さだった。古川(奈穂騎手)が乗って1勝クラスを勝ったあとからパワーアップ。思っていたより成長が早い」

 --前走後の調整は

 「反動もなく、1週前には坂路で悪い馬場のなか破格の時計が出た。そこでしっかりやったことで、今週はテンションを考慮してサラッと。非常に順調、という以上に状態は上がってきている」

 --ここ2走は逃げて結果を残した

 「確かに逃げる形がベストなのかなと思っている。控えても折り合いがつくのは1800メートルから2000メートルを使っていたから。力をつけた今、このメンバーでどれだけやれるか、ワクワクしてレースを待っている」

 --ホウオウアマゾンはアーリントンCを制覇

 「朝日杯FS後に跛行で休ませたので正直、ようやく間に合ったという状態。想像以上の強さだった。優等生でスタートがいいし、折り合いもつく。スッと好位につけられるセンスもある」

 --ここへ向けての調整過程は

 「1週前に負荷をかけ、いい併せ馬ができた。今週は初コンタクトの武豊騎手に状態をみてもらった。馬なりで気分良く走れていた」

 --こちらも楽しみ

 「バスラットが前で、その後ろにこの馬という位置取りだろう。乗りやすいので、ジョッキーに伝えることはないね」(夕刊フジ)

★NHKマイルCの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載