中央競馬:ニュース中央競馬

2021.4.26 05:00

【香港QEIIカップ】日本馬1着から4着独占!ラヴズ香港GI制覇

ラヴズオンリーユー(中央)が力強く抜け出して海外GⅠ初制覇を飾った。左は3着デアリングタクト(The Hong Kong Jockey Club提供)

ラヴズオンリーユー(中央)が力強く抜け出して海外GⅠ初制覇を飾った。左は3着デアリングタクト(The Hong Kong Jockey Club提供)【拡大】

 【香港25日】香港チャンピオンズデーが25日、シャティン競馬場で行われ、クイーンエリザベスIICは、3番人気のラヴズオンリーユー(栗・矢作、牝5)が直線で抜け出して、2019年オークス以来となるGI2勝目。同レースは日本馬が1着から4着を独占した。

 一昨年のオークス馬が香港で完全復活を遂げた。ラヴズオンリーユーが、ラスト1ハロンでの競り合いを抜け出し、日本馬3頭を従えてのトップゴール。手綱を任された香港のホー騎手は、両手でハートマークを作り、馬上で喜びを表現した。

 「こっちにきてからも状態が良かったですし、馬が頑張ってくれました。ドバイでのレース(シーマC3着)をみると、レベルが高かったですからね」

 6ハロン通過が1分15秒45というゆったりとしたペースのなか、中団の外めをリラックスして追走。3コーナーからスパートを開始すると、4コーナーでは馬群の外を回って直線へ向いた。内で食い下がるデアリングタクト、外から猛追するグローリーヴェイズをしのいでGI2勝目をゲット。全兄リアルスティール(ドバイターフ)に続いての海外GI制覇となった。

 日本で観戦した矢作調教師は「さすがに声が出たな(笑)。本当に強かったと思います。スタッフと馬が頑張ってくれた。それに感謝しています」と感慨深げ。レース前にホー騎手から「デアリングタクトを閉じ込めたい」との進言もあったが、トレーナーは「ペースはそんなに速くならないと思うので、自分のペースで競馬してくれ」と指示し、イメージ通りのレースで勝利を獲得だ。

 4連勝で一昨年のオークスを制したあとは勝ち星から見放されたが、今年の京都記念で1年9カ月ぶりのV。その後、ドバイシーマクラシック3着を経ての参戦。「なかなかドバイから香港に転戦して、今までうまくいった例がないので、それを切り開けたというのは良かった」とトレーナーは語った。

 今後については「春に使うとするならば、宝塚記念(6月27日、阪神、GI、芝2200メートル)になると思うけど、それは帰ってきてからの馬の状態と相談してからになると思います」とコメント。香港の地で復活の舞を演じ、次なる野望へとつき進んでいく。

 ■ラヴズオンリーユー 父ディープインパクト、母ラヴズオンリーミー、母の父ストームキャット。鹿毛の牝5歳。栗東・矢作芳人厩舎所属。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬。馬主はDMMドリームクラブ(株)。戦績は13戦6勝。重賞は2019年GIオークス、21年GII京都記念に次いで3勝目。クイーンエリザベスIICは矢作芳人調教師、ヴィンセント・ホー騎手ともに初勝利。馬名は「みんなへの愛を込めて」。母名より連想。