中央競馬:ニュース中央競馬

2021.4.26 04:59

【香港QEIIカップ】グローリー末脚伸ばして2着

 【香港25日】香港チャンピオンズデーが25日、シャティン競馬場で行われ、クイーンエリザベスIICは、3番人気のラヴズオンリーユー(栗・矢作、牝5)が直線で抜け出して、2019年オークス以来となるGI2勝目。同レースは日本馬が1着から4着を独占した。

 後方待機のグローリーヴェイズは、外々を回って末脚を伸ばして2着になった。K・ティータン騎手は、「いいレースだったと思います。最後の直線では、いい脚を使ってくれました」とコメント。尾関調教師は「想定外のスローペースだったことを考慮すると、これが痛かったといえるかもしれません。悔しさは残りますが、負けて強しの競馬を見せてくれました」とうなずいた。