中央競馬:ニュース中央競馬

2021.4.24 14:51

【新緑賞】1番人気アルビージャが好位2番手から抜け出して快勝

好位2番手から抜け出して新緑賞を快勝したアルビージャ(奥、黒帽)

好位2番手から抜け出して新緑賞を快勝したアルビージャ(奥、黒帽)【拡大】

 4月24日の東京8R・新緑賞(3歳1勝クラス、芝2300メートル)は、クリストフ・ルメール騎手騎乗の1番人気アルビージャ(牡、美浦・手塚貴久厩舎)が好位2番手から余裕十分に抜け出して快勝した。タイムは2分18秒4(良)はレコード。

 クビ差の2着にはトゥーフェイス(2番人気)、さらに2馬身半差遅れた3着にナックイルシーブ(5番人気)が続いた。

 新緑賞を勝ったアルビージャは、父モーリス、母アロマティコ、母の父キングカメハメハという血統。通算成績は4戦2勝。

 ◆クリストフ・ルメール騎手(1着 アルビージャ)「スタートは上手じゃなかったけど、ペースが遅かったのでポジションを上げていきました。少し引っ掛かっていたし、冷静には走れなかったけど長くいい脚を使って伸びています」

★24日東京8R「新緑賞」の着順&払戻金はこちら