中央競馬:ニュース中央競馬

2021.4.24 15:55

福島牝馬Sの馬連&3連単ヒットで27万210円ゲット!!~ギャロップ千葉

千葉智春記者

千葉智春記者【拡大】

【正射必中!千葉智春の血論】土曜新潟11R

 【新潟11R・福島牝馬S】 ⑪ディアンドルに◎。前走の小倉大賞典3着が収穫大の内容。それまでの距離実績は芝1200メートルで5勝、2着2回の連対歴だったが、昨年から距離を延ばしてきて新味を見せた。おそらく気性的なものから短い距離を使われていたのだろうが、母は芝1800メートルで勝ち上がったように母系は短距離指向というわけではなく、成長した今なら中距離のカテゴリーでも飛躍が望める。

 リズムを重視しながら、前走で番手に控える競馬で好走したことも評価できる。内枠のロザムールが先手を取り、この馬を含めた先行馬が好位につけ、ペースはある程度流れる…と各陣営が考えれば考えるほど、待機組も末脚を温存しようとするのでは。後続の仕掛けが遅れれば展開利は前に。再びの快走へ条件は整った。

《馬連》
 ⑪-②④⑦⑧⑫⑬⑯ 各1000円

《3連複》
 ④-⑪-②⑦⑧⑫⑬⑯(6点) 各200円

《3連単》
 ⑪→④⑧⑬→②④⑦⑧⑫⑬⑯(18点) 各100円

 ※結果…新潟競馬場で行われた福島牝馬Sは6着までハナ、クビ、クビ、クビ、ハナ、クビの大接戦。週刊Gallop・千葉智春記者の心境はどうだったのでしょうか。本命ディアンドル(7番人気)が重賞初制覇。2着ドナアトラエンテ(1番人気)で《馬連》33倍、そして3着サンクテュエール(10番人気)で《3連単》は2372.1倍。総額27万0210円!! ランキングが動きます。

 

千葉智春(ちば・ともはる) 週刊Gallop記者(東京) 

データ

本命~中穴

馬単、3連単

プロフィル

1984年生まれ、千葉県船橋市出身。幼い頃から中山競馬場の近くで過ごし、競馬と出合う。早大4年時の2008年から週刊ギャロップ編集部で勤務、16年より東京サンスポ、20年から古巣のギャロップへ。酒とカラオケが好きで、休日は地元のスナックでまったり。

予想スタイル

データをもとに近走を精査し、定量戦は実績、ハンデ戦は血統を重視する。小銭で楽しみつつ、3連単でハイリターンが理想。「正射必中」は高校でたしなんだ弓道の用語で「正しい射法なら矢は必ず中る」ように、正しい予想なら馬券も当たる。

※千葉智春の予想を閲覧するにはベーシックパックをご購入していただく必要があります