中央競馬:ニュース中央競馬

2021.4.21 11:56

【サンスポ賞フローラS&マイラーズC&福島牝馬S】国内GIはひと休みも土日で3重賞!レースの注目点はこちら!!

昨年の阪神JFでは勝ったソダシから0秒1差3着と差のない走りを見せたユーバーレーベン(緑帽)

昨年の阪神JFでは勝ったソダシから0秒1差3着と差のない走りを見せたユーバーレーベン(緑帽)【拡大】

★阪神JF3着のユーバーレーベンが出走予定で実力を示せるか/サンスポ賞フローラS

 フラワーC3着以来の出走となるユーバーレーベン(美浦・手塚貴久厩舎)が、サンスポ賞フローラSで重賞初制覇を目指す。同馬は昨年、札幌2歳S2着に入り、暮れの阪神JFでは3着と好走した。阪神JF1着のソダシ、同2着のサトノレイナスは、今年の桜花賞でも1、2着となったが、ユーバーレーベンは阪神JFで3着に入った実力を示すことができるかどうか。同馬にはM.デムーロ騎手が騎乗する予定。なお、ユーバーレーベンを管理する手塚貴久調教師は、ウインマリリンで昨年のサンスポ賞フローラSを制しており、史上3人目の同レース連覇がかかる。

★約3年半ぶりの重賞V狙うエアスピネル 3連勝中のエアロロノアにも注目/マイラーズC

 マイラーズCに登録しているエアスピネル(牡8歳、栗東・笹田和秀厩舎)には、2017年の富士S以来の重賞制覇がかかる。同馬は2005年の秋華賞を制したエアメサイアを母にもち、3歳時に皐月賞4着、ダービー4着、菊花賞3着とクラシックでも好走するなど芝のレースで活躍してきたが、昨年のプロキオンSからはダート戦に出走を続けており、前走のフェブラリーSでは2着に入っている。エアスピネルは芝1600メートル戦で重賞3勝を挙げているが、久々の芝レース出走となるマイラーズCで約3年半ぶりの重賞制覇を遂げることができるかどうか。

 また、1勝クラス→2勝クラス→武庫川Sと3連勝中のエアロロノア(牡4歳、栗東・笹田和秀厩舎)は、今回が重賞初挑戦となる。前走が条件戦だった馬がマイラーズCを勝てば、1990年のメジロワース以来31年ぶりとなるが、エアロロノアは連勝を伸ばすことができるかどうか。なお、同馬は父キングカメハメハ、母エアワンピース、祖母がエアメサイアという血統で、エアスピネルの甥にあたる。

★デンコウアンジュに騎乗予定の柴田善臣騎手 JRA重賞最年長勝利記録の更新なるか/福島牝馬S

 JRA現役最年長ジョッキーの柴田善臣騎手が、JRA重賞最年長勝利記録の更新を狙う。今年がデビュー37年目となる同騎手は4月19日現在、JRA通算2万1446戦2303勝、JRA重賞通算95勝という成績を残している。柴田善臣騎手は、24日に新潟で実施される福島牝馬Sでデンコウアンジュ(8歳、栗東・荒川義之厩舎)に騎乗する予定。柴田善臣騎手とデンコウアンジュのコンビは2019年に福島牝馬Sを制しているが、同レースの隔年Vを決めることができるかどうか。なお、同騎手のレース当日の年齢は54歳8力月26日で、Vなら、岡部幸雄元騎手が持つJRA重賞最年長勝利記録(54歳0力月31日)を更新する。ちなみに、柴田善臣騎手は新潟競馬場で歴代最多の411勝、現役最多の重賞8勝を挙げている。

★4週連続JRA重賞制覇の川田将雅騎手 今週は福島牝馬S、フローラSに参戦予定

 川田将雅騎手は、3月27日の毎日杯(シャフリヤール)、28日の高松宮記念(ダノンスマッシュ)→4月4日の大阪杯(レイパパレ)→10日の阪神牝馬S(デゼル)→17日のアーリントンC(ホウオウアマゾン)と目下4週連続でJRA重賞を制している。連続週JRA重賞制覇の最長記録は武豊騎手が1998年に記録した「6週連続」だが、川田騎手は今週もJRA重賞で勝利を挙げ、この記録に迫ることができるかどうか。同騎手は24日の福島牝馬Sではドナアトラエンテ(5歳、美浦・国枝栄厩舎)、25日のサンスポ賞フローラSではオヌール(栗東・友道康夫厩舎)に騎乗する予定。

 なお、川田騎手は早くも今年のJRA重賞で9勝を挙げているが、グレード制が導入された1984年以降、騎手のJRA重賞年間10勝最速到達は2005年の武豊騎手(4月24日に到達)で、川田騎手が福島牝馬Sを勝てばこの記録に並ぶ。ちなみに、2005年の武豊騎手は、最終的にJRA重賞23勝を挙げ、JRA重賞年間最多勝記録を樹立している。

★JRA重賞通算50勝まであと「1」の矢作芳人調教師 自身初の3週連続JRA重賞制覇なるか

 4月19日現在、JRAの調教師リーディングで首位に立っている矢作芳人調教師は、4月10日のニュージーランドT(バスラットレオン)→17日のアーリントンC(ホウオウアマゾン)と2週連続でJRA重賞を制しており、今週は自身初の3週連続JRA重賞制覇がかかる。矢作調教師は4月19日現在、JRA重賞49勝を挙げており、史上26人目・現役8人目のJRA重賞通算50勝まであと1勝となっているが、今週も重賞を制すことができるかどうか。なお、同調教師の管理馬は、25日の東京で実施されるサンスポ賞フローラSにアンフィニドール、阪神で実施されるマイラーズCにパンサラッサ(牡4歳)が登録している。また、同日に香港のシャティン競馬場で実施されるクイーンエリザベスIICには、ラヴズオンリーユー(牝5歳)が出走する予定。

★サンスポ賞フローラSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
★マイラーズCの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
★福島牝馬Sの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

★【サンスポ賞フローラS】レース展望
★【マイラーズC】レース展望
★【福島牝馬S】レース展望

★香港チャンピオンズデー2競走の大型馬柱を公開!(ベーシック会員のみ閲覧)