中央競馬:ニュース中央競馬

2021.4.17 18:18

【中山グランドJ】オジュウチョウサン6連覇ならず 石神「ペースが遅くて前半から力んでいた」

中山グランドJ、6連覇をかけて挑んだオジュウチョウサンは5着に敗れた

中山グランドJ、6連覇をかけて挑んだオジュウチョウサンは5着に敗れた【拡大】

 4月17日の中山11Rで行われた第23回中山グランドジャンプ(障害4歳以上オープン、J・GI、芝4250メートル、定量、8頭立て、1着賞金=6600万円)は、森一馬騎手騎乗の1番人気メイショウダッサイ(牡8歳、栗東・飯田祐史厩舎)が勝利。昨年はオジュウチョウサンに3馬身離されて2着に甘んじたこのレースで、後続に4馬身の差をつけて見事にリベンジを果たした。タイムは4分50秒1(良)。

 史上初の同一重賞6連覇をかけて挑んだオジュウチョウサンは、先行集団で積極的にレースを進めて順調に障害を飛越したが、大障害コースの大いけ垣の飛越後から遅れ始める。さらには、勝負所の3周目3コーナー過ぎで徐々に後退。勝ち馬から離された後方で最終障害を飛越し、直線では前を走る馬を1頭交わしたものの5着に終わった。

 ◆石神深一騎手「返し馬の感じでは負けない感じだったが、ペースが遅くて前半から力んでいた。馬とけんかしてしまい、他馬に絡まれてリズムも悪くなった。(外回りの)向こう正面でメイショウダッサイにかぶせられたときも、抵抗できずに集中力が切れてしまった」

★【中山グランドJ】払い戻し確定!! 全着順も掲載