中央競馬:ニュース中央競馬

2021.4.1 16:45

2カ月ぶりの勝利へ!菜七子は中山で計6鞍騎乗 奈穂は阪神で4週連続V目指す

藤田菜七子騎手は約2カ月ぶりの勝利を目指して中山で6鞍騎乗

藤田菜七子騎手は約2カ月ぶりの勝利を目指して中山で6鞍騎乗【拡大】

 4月3、4日の出走馬が1日に確定した。藤田菜七子騎手(23)=美浦・根本康広厩舎=は、引き続き中山競馬に参戦し計6鞍に騎乗。2月6日の小倉7R(オシリスブレイン)以来、約2カ月ぶりの勝利を目指す。

 5戦連続の騎乗で、新馬戦から13着→9着→5着→4着とじわじわ着順を上げているコンフィアンス(土曜1R)、全15戦中11戦でコンビを組んでおり、勝利に導いたこともあるスパークオブライフ(日曜7R)、JRA再転入から4戦目でそろそろ結果を出したいサイモンベラーノ(日曜8R)などに騎乗することになっている。

 また、JRAの新人女性騎手としては初の3週連続勝利を挙げている古川奈穂騎手(20)=栗東・矢作芳人厩舎=は計3鞍(土日ともに阪神)、永島まなみ騎手(18)=栗東・高橋康之厩舎=は日曜のみ阪神で3鞍の騎乗を予定している。

★「藤田菜七子騎手の特集ページ」はこちら!フォトギャラリーなど菜七子の魅力が満載!