中央競馬:ニュース中央競馬

2021.3.23 12:25

【毎日杯】重賞データ分析byウマニティ

グレートマジシャン、シャフリヤール、イースタンワールドがオールクリア

ウマニティ重賞攻略チームが毎週末の重賞をあらゆる切り口で考察!今回は毎日杯・データ分析 をお届けします!

【性別】
2011年以降、牡・せん馬の【10.10.10.90】に対し、牝馬は【0.0.0.4】。サンプル数が少ないとはいえ、傾向的に牝馬は推奨できない。

【前走着順】
2011年以降の1~2着馬20頭中14頭が前走4着以内。残りの6頭はいずれも前走重賞5~7着馬だった。非重賞4着以下、ならびに重賞8着以下からの臨戦馬は疑ってかかるべきだろう。

【前走クラス】
2011年以降の2着以内20頭の前走をクラスで分けると、G2、G3、1勝クラス(旧500万下)、新馬の4パターン。G1組やオープン特別組、未勝利を勝ち上がったばかりの馬は劣勢を強いられている。

【前走人気】
前走の人気については、重賞であれば9番人気、非重賞ならば3番人気が最低ライン。2011年以降の3着以内全馬がこの条件をクリアしていた。

【データ予想からの注目馬】
上記4項目で減点がないのは、イースタンワールド、グレートマジシャン、シャフリヤールの3頭。トップはグレートマジシャンとする。2011年以降、キャリア2戦馬は【2.3.2.4】。なかでも2戦2勝であれば【2.2.2.0】という抜群の安定感を示している。ここは素直に中心視すべきだろう。

近10回【3.1.0.1】の前走共同通信杯組に当てはまる、シャフリヤールを2番手に。近10回【3.1.0.3】の前走東京組かつ美浦所属馬に該当する、イースタンワールドも侮れない存在だ。

<注目馬>
グレートマジシャン シャフリヤール イースタンワールド

(提供元:競馬予想のウマニティ