中央競馬:ニュース中央競馬

2021.3.20 15:38

【ファルコンS】ルークズネストが逃げ切り重賞初制覇

グレナディアガーズ(手前)との一騎打ちを制してファルコンSを勝利したルークズネスト=中京競馬場(撮影・林俊志)

グレナディアガーズ(手前)との一騎打ちを制してファルコンSを勝利したルークズネスト=中京競馬場(撮影・林俊志)【拡大】

 3月20日の中京11Rで行われた第35回ファルコンステークス(GIII、3歳オープン、芝1400メートル、別定、15頭立て、1着賞金=3800万円)は、幸英明騎手騎乗の3番人気ルークズネスト(牡、栗東・浜田多実雄厩舎)が前走の追い込み競馬から一転、逃げの手に出ると、直線では迫るグレナディアガーズを最後まで寄せ付けず押し切り勝利。重賞初制覇を飾った。タイムは1分20秒1(良)。

 アタマ差の2着には昨年の朝日杯FSを制したグレナディアガーズ(1番人気)、さらに2馬身1/2差遅れた3着にモントライゼ(2番人気)が続いた。

 ◆幸英明騎手(1着 ルークズネスト)「極端な枠だったので、行くか控えるか考えましたが、馬が行く気をみせたのでハナに。直線で一度は差されましたが、力がありますね。かなり折り合いに不安がある馬でしたが、これならマイルでも自信をもっていけます」

 ファルコンSを勝ったルークズネストは、父モーリス、母ヴィラ、母の父ディープインパクトという血統。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬で、馬主は窪田芳郎氏。通算成績は5戦2勝。重賞は初勝利。ファルコンSは、管理する浜田多実雄調教師は初勝利、騎乗した幸英明騎手は2003年ギャラントアローに次いで2勝目。

★【ファルコンS】払い戻し確定!! 全着順も掲載

関連

  • グレナディアガーズ(手前)との一騎打ちを制してファルコンSを勝利したルークズネスト=中京競馬場(撮影・林俊志)
  • グレナディアガーズ(手前)との一騎打ちを制してファルコンSを勝利したルークズネスト=中京競馬場(撮影・林俊志)
  • ファルコンSを制したルークズネストと幸英明騎手
  • ファルコンSをルークズネストで制した幸英明騎手(左)=中京競馬場(撮影・林俊志)