中央競馬:ニュース中央競馬

2021.3.11 16:45

【名古屋大賞典】クリンチャーが3馬身差の快勝で重賞連勝!

 名古屋大賞典が11日、名古屋競馬場で12頭によって争われ、川田騎乗で1番人気のクリンチャーが4番手追走から直線で力強く伸び、3馬身差で勝利。佐賀記念に次ぐ交流重賞連勝を達成した。タイム2分0秒0(良)。逃げたバンクオブクラウズが2着で、さらに1馬身差の3着にロードブレスが入り、JRA勢が上位を独占した。

 ■クリンチャー 父ディープスカイ、母ザフェイツ、母の父ブライアンズタイム。鹿毛の牡7歳。栗東・宮本博厩舎所属。北海道新冠町・平山牧場の生産馬で、馬主は前田幸治氏。戦績28戦6勝(うち地方2戦2勝、海外2戦0勝)。獲得賞金3億4965万4000円(うち地方4500万円)。重賞は2018年GII京都記念、20年GIIIみやこS、21年交流GIII佐賀記念に次いで4勝目。名古屋大賞典は宮本博調教師が初勝利、川田将雅騎手は14年ダノンカモン、20年ロードゴラッソに次いで3勝目。馬名の意味は「決定打」。

★【名古屋大賞典】払い戻し確定!! 全着順も掲載