中央競馬:ニュース中央競馬

2021.3.11 17:48

復帰の菜七子は中山で計12鞍騎乗!レッジャードロで桜切符狙う

今週末からレースに復帰する藤田菜七子騎手は中山競馬に参戦し計12鞍に騎乗

今週末からレースに復帰する藤田菜七子騎手は中山競馬に参戦し計12鞍に騎乗【拡大】

 3月13、14日の出走馬が11日に確定した。2月19日にサウジアラビアのキングアブドゥルアジーズ競馬場で開催されたインターナショナルジョッキーズチャレンジ(全4戦)に参戦し初戦2着、総合4位タイと健闘した藤田菜七子騎手(23)=美浦・根本康広厩舎=が、2週間の自主隔離期間を終えて今週末からいよいよレースに復帰。中山競馬に参戦し計12鞍に騎乗する。

 半兄にGI2勝のローズキングダムがいる“バラ一族”のサンギネア(土曜4R)、大井から転入2戦目で前進が見込めるターコイズリング(土曜8R)、新馬から4戦連続の騎乗で未勝利脱出を狙うコンフィアンス(日曜1R)、2走前に自らの手綱で勝利に導いたナンヨーローズ(日曜7R)、前走の重賞クイーンCではしんがり負けも、新馬勝ちが鮮やかな差し切りで見限れないレッジャードロ(日曜11R)などに騎乗することになっている。

 また、5年ぶりの女性騎手として注目を集め、先週末にデビューした古川奈穂騎手(20)=栗東・矢作芳人厩舎=は計6鞍(土曜・阪神、日曜・中京)、永島まなみ騎手(18)=栗東・高橋康之厩舎=は計5鞍(土日ともに中京)の騎乗を予定。日曜中京8Rでは、初となる両者の直接対決も実現するだけに、こちらも注目だ。

★「藤田菜七子騎手の特集ページ」はこちら!フォトギャラリーなど菜七子の魅力が満載!