中央競馬:ニュース中央競馬

2021.3.8 19:22

2003年の皐月賞、日本ダービーを制したネオユニヴァース死す

2003年の皐月賞、日本ダービーを制したネオユニヴァース

2003年の皐月賞、日本ダービーを制したネオユニヴァース【拡大】

 2003年に皐月賞、日本ダービーの2冠を制したネオユニヴァースが8日、種牡馬として繋養されていた北海道新ひだか町のレックススタッドで死んだことが分かった。21歳だった。

 種付け直後にバランスを崩し、肩から地面に落ちて骨折。診断の結果、安楽死の措置が取られたという。(株)レックスの岡田牧雄代表は「今年最初の種付けでした。難しいところはありましたが、貴重な種牡馬でしたし、残念です」と話した。

 2冠を含め重賞5勝を挙げたネオユニヴァースは、04年に引退。種牡馬としても活躍し、初年度産駒のアンライバルドが皐月賞を、ロジユニヴァースが日本ダービーを制覇。11年にはヴィクトワールピサが日本馬初のドバイワールドC勝利という快挙を成し遂げた。

★ネオユニヴァースの競走成績はこちら