中央競馬:ニュース中央競馬

2021.3.5 04:48

【エンプレス杯】マルシュロレーヌが力強く伸び重賞V3

エンプレス杯で3つ目の重賞タイトルを獲得したマルシュロレーヌ

エンプレス杯で3つ目の重賞タイトルを獲得したマルシュロレーヌ【拡大】

 エンプレス杯が4日、川崎競馬場で11頭によって争われ、川田騎乗で1番人気のマルシュロレーヌ(JRA)が直線の外を力強く伸び、3/4馬身差で重賞3勝目を挙げた。タイム2分14秒1(良)。逃げた大井のサルサディオーネが2着で、さらに6馬身差の3着にはマドラスチェック(JRA)が入った。

 ◇

 ◆川田騎手(マルシュロレーヌ1着)「(直線では)しっかりと余力は残っていたし、きっちり捕まえてくれた。続けて勝つことができたので、この馬らしい競馬を続けていければと思います」
 ◆矢野貴騎手(サルサディオーネ2着)「力んで走っているぶん、ゴール前で甘くなってしまったが、理想的な競馬はできた」
 ◆森泰斗騎手(マドラスチェック3着)「体が絞れて雰囲気も良くなっていた。ただ、内枠だと難しいところがあるので競馬がしづらい」
 ◆松山騎手(レーヌブランシュ5着)「出遅れてしまった。ゲートでじっとしていられなかったので、今後の課題ですね」

■マルシュロレーヌ 父オルフェーヴル、母ヴィートマルシェ、母の父フレンチデピュティ。鹿毛の牝5歳。栗東・矢作芳人厩舎所属。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬で、馬主は(有)キャロットファーム。戦績17戦7勝(うち地方4戦3勝)。獲得賞金1億5319万9000円(うち地方9620万円)。重賞は2020年交流GIIレディスプレリュード、21年交流GIIITCK女王盃に次いで3勝目。エンプレス杯は矢作芳人調教師、川田将雅騎手ともに初勝利。馬名の意味は「フランスの行進曲」。