中央競馬:ニュース中央競馬

2021.2.23 12:55

【中山記念】重賞データ分析byウマニティ

中山金杯連対から直行ローテのヒシイグアスをトップに

ウマニティ重賞攻略チームが毎週末の重賞をあらゆる切り口で考察!今回は中山記念・データ分析 をお届けします!

【馬齢】

2011年以降の3着以内延べ30頭の馬齢をみると、4歳から8歳までの範囲。ただし、8歳の好走は過去の中山記念で連対歴があった馬に限られる。そのあたりには配慮が必要だろう。

【前走着順】

前走の着順については重賞なら不問だが、非重賞の場合は2着以内がマスト。2011年以降、これ以外のステップで臨んだ馬は複勝圏に達していない。

【前走レース格】

2011年以降の1~2着馬の前走をレース格で分けると、G1、G3、オープン特別の3パターン。前走G2組は連対ゼロと今ひとつの結果に終わっている。

【距離実績】

2011年以降の2着以内延べ20頭のうち16頭に芝1800mでの勝利経験があった。例外の4頭はいずれもG1ウイナー。相応の実績がない、芝1800m戦未勝利馬は疑ってかかりたい。

【中山実績】

2011年以降の3着以内延べ30頭のうち、中山芝で3着以内に入った経験がなかった馬は7頭。その7頭すべてがJRA重賞既勝馬だった。中山芝実績に乏しい、重賞未勝利馬の過信は禁物だ。

【データ予想からの注目馬】

上記5項目で減点がないのは、ウインイクシード、バビット、ヒシイグアスの3頭。トップはヒシイグアスとする。2011年以降、中山金杯連対から直行で臨む5歳以下の馬は【3.0.0.1】と活躍。本馬自身、中山の芝1800mで4戦3連対の好成績を収めていることも好感が持てる。

近10回【4.3.2.9】の前走G1出走かつ4歳馬に該当する、バビットを2番手評価。中山芝コースで【2.4.2.4】と堅実な成績を残している、ウインイクシードも軽くは扱えない存在だ。

<注目馬>

ヒシイグアス バビット ウインイクシード

(提供元:競馬予想のウマニティ