中央競馬:ニュース中央競馬

2021.2.21 04:08

菜七子サウジ騎手招待4位~女性7人ではトップタイ

藤田菜七子騎手

藤田菜七子騎手【拡大】

 【リヤド(サウジアラビア)20日】日本時間19日深夜に行われた国際騎手招待競走、インターナショナルジョッキーズチャレンジ(キングアブドゥルアジーズ、計4鞍)に参戦した藤田菜七子騎手(23)=美・根本=が、総合4位と健闘した。第1戦(ダ1400メートル)は当初騎乗予定だった馬の回避で補欠のナジャームとコンビを組み、中団やや後方から直線で大外を通って追い上げ、1馬身半差の2着。第2戦(ダ1600メートル)はインスクライブで5着。第3戦(ダ1800メートル)はアルムテールで6着。第4戦(ダ1200メートル)はラアージで12着だった。

 世界各国から男女14騎手が参加。各競走で1~5着に与えられるポイントを競い、菜七子騎手は計12ポイントを獲得。女性7人のなかではスウェーデンのM・ホルムベリ騎手と並ぶトップの成績に「もちろん勝ちたかったので悔しいですが、とても楽しかった。今までいろいろな招待レースに出場しましたが、今回はいつも以上にリラックスして乗れました」と語った。

 優勝はアイルランドのS・フォーリー騎手。2位が地元サウジアラビアのA・アルファライディ騎手、3位は米国のM・スミス騎手だった。