中央競馬:ニュース中央競馬

2021.2.21 13:21

第1S現在2位のエイト野田が8万5080円計上!

野田慶一郎TM

野田慶一郎TM【拡大】

【野田慶一郎の万馬券指定レース!】日曜東京6R

 土曜の東京ダートは時計が速く、逃げ・先行馬の活躍が目立つ。フェブラリーSはエアアルマスの逃げ切りに期待しているが、混戦の日曜6Rも先行馬から穴を狙ってみたいと思います。

 【東京6R】 ◎④プリンスチャーム

 初ダートの前走は5着だが、十分高い評価を与えられる競馬ぶり。レース自体の前半3ハロンが34秒6というハイペース。普通ならコーナーで息を入れるはずの4ハロン目(3コーナー過ぎから4コーナーの手前)でも11秒8とラップが落ちなかったため余計に厳しい展開になってしまった。3番手の馬が外から早めにまくってきたこともペースアップの要因に。それでも直線で大きく失速しそうでしなかった5着。芝を走っていたときよりも淡泊さはなく粘りは増していた。

 各馬が前掛かりになる重馬場も響いた印象だが、今回はほぼ良馬場の見込み。再び先行し、普通のペースで息が入れば馬券圏内に粘り込めるだろう。

《単勝》
 ④番 1600円

《3連複》1頭軸流し
 ④-①⑦⑧⑩⑫⑭⑮⑯(28点) 各300円

 ※結果…「ガチンコ収支バトル」第1ステージ、現在2位の関東エイト・野田慶一郎TMの追撃が始まりました。レースは先行3頭で決着。レジリエンスブルー(5番人気)には3馬身半離されましたが、本命プリンスチャーム(6番人気)が2着キープ。3着にアブルハウル(4番人気)が逃げ粘って《3連複》283.6倍。8万5080円をゲットしました。野田TMは2013年の年間王者、さらにステージ優勝3回の実力者。来週も“万馬券指定レース”、要チェック!

野田慶一郎(のだ・けいいちろう) 関東エイト時計班 

前走・馬場

3連単

プロフィル

1973年生まれ、福岡県出身。現在は東京競馬場近くに在住。どの競馬場も力は入れているが、結果的に強いのはやはりホームの東京。1日に馬単万馬券5本を的中させたのもこのコース。注目してください。

予想スタイル

着順以上に中身のある競馬をした馬や適性がはっきりせず人気になり切れない馬を狙うスタイル。前走2、3着馬はひとまず疑ってかかるので、結果的には穴狙い。

※野田慶一郎の予想を閲覧するにはベーシックパックをご購入していただく必要があります