中央競馬:ニュース中央競馬

2021.2.21 11:14

小倉でココイチ! サンスポ漆山が馬連的中で4万3890円

東京サンスポ・漆山貴禎記者

東京サンスポ・漆山貴禎記者【拡大】

【漆山貴禎の「きょうのココイチ!」】日曜小倉2R

 【小倉2R】 ◎③クインズセージの一発に期待する。初芝の前走は五分のスタートを切ったものの、前がゴチャついたために最後方まで下がる不利。それでも、直線は外から目立つ末脚で8着まで追い上げてきた。スムーズなら上位争いに加わっていたはずだ。

 半姉クインズチャパラ(父ロードカナロア)は芝1200メートルで3勝を挙げており、半兄ロノ(父キングカメハメハ)は芝1400メートルで2勝。血統的にも芝短距離に適性があるのは明らかだ。

 中間は美浦で乗り込まれ、当週の追い切りは現地で行う入念な調整を消化。小倉には最後の参戦となる蛯名正義騎手が勝利へと導いてくれるはずだ。

《馬連》
 ③-⑨ 2200円
 ③-⑤⑩⑪⑫⑮⑯ 各1100円

《3連単》
 ③→⑨→⑤⑩⑪⑫⑮⑯(6点) 各100円
 ③→⑤⑩⑪⑫⑮⑯→⑨(6点) 各100円

 ※結果…クインズセージ(8番人気)が4角12番手から一気の差し切り勝ち。蛯名正義騎手、小倉ラスト騎乗ですか。2着は2番手につけて粘り込んだペイシャケイティー(2番人気)で《馬連》39.9倍×1100円=4万3890円。東京サンスポの“東大王”漆山貴禎記者、ベスト10返り咲きの可能性が出てきました。

漆山貴禎(うるしやま・きよし) 東京サンスポ記者 

データ

中穴

馬連・3連単

プロフィル

1981年生まれ、山形県出身、O型。東京大学文学部卒。一日のレースから、配当的な妙味も考慮して“最も買いたい”1鞍を厳選。美味しい馬券をお届けします!

予想スタイル

データ分析と関係者取材で得た情報をバランス良くミックスさせ、的中を目指す。〝2、3着には来るが、ほぼ勝たないであろう1番人気馬〟を探すのが3連単的中の近道と信じる。

※漆山貴禎の予想を閲覧するにはベーシックパックをご購入していただく必要があります