中央競馬:ニュース中央競馬

2021.1.31 19:00

【根岸S】初のダート戦ステルヴィオは10着 横山武「やはり芝の方が良さそう」

 1月31日の東京11Rで行われた第35回根岸ステークス(4歳以上オープン、別定、GIII、ダート・1400メートル、16頭立て、1着賞金=3800万円)は、川田将雅騎手騎乗の1番人気レッドルゼル(牡5歳、栗東・安田隆行厩舎)が直線で馬群をさばくと鋭い末脚を繰り出して先頭でゴール。2月21日に東京競馬場で行われるフェブラリーS(GI・ダート1600m)の優先出走権を獲得した。タイムは1分22秒3(稍重)。

 初のダート戦となったステルヴィオは、後方追走で脚をためて直線勝負にかけたが、弾けず10着に終わった。

 ◆横山武史騎手「さすがGⅠ馬というか、いい馬ですね。ただ、スタートしてから脚を取られる感じで、やはり芝の方が良さそうです」

★【根岸S】払い戻し確定!! 全着順も掲載