中央競馬:ニュース中央競馬

2021.1.25 05:00

【AJCC】菊2着アリストテレスが貫禄の重賞初制覇

アリストテレス(左)が力強く抜け出し重賞初制覇。菊花賞2着の地力を証明した

アリストテレス(左)が力強く抜け出し重賞初制覇。菊花賞2着の地力を証明した【拡大】

 アメリカジョッキークラブCが24日、中山競馬場で17頭によって争われ、ルメール騎乗で1番人気のアリストテレスが直線で抜け出して快勝。菊花賞2着の実力を示し、重賞初制覇を飾った。ルメール騎手は3週連続の重賞勝利。今後は天皇賞・春(5月2日、阪神、GI、芝3200メートル)が目標となる。2着には3番人気のヴェルトライゼンデが入った。

 ◇

 無敗の3冠馬を追い詰めた底力は本物だった。アリストテレスがあいにくの不良馬場を克服して重賞初V。泥だらけで引き揚げてきたルメール騎手は、大きく息をついてから白い歯をこぼした。

 「速いスピードではなかったけど、手応えは良かったし、だんだんペースアップしてくれた。4コーナーでは勝つ自信がありました。でも、直線はすごく長かったです」

 芝2200メートル施行になってからでは最も遅い勝ちタイム(2分17秒9)がレースの過酷さを物語る。昼前まで降り続けた雨で悪化した馬場に各馬が苦しむ中、人馬の息の合った走りが光った。茶色に変わるほど荒れた内めをぎりぎりで避ける絶妙のコース取り。直線で早めに先頭に立ち、後続を封じ込んだ。鞍上はフェアリーS(ファインルージュ)、京成杯(グラティアス)に続き、中山で3週連続重賞V。今年16勝で早くもリーディング首位に立った。

 菊花賞ではコントレイルと壮絶な追い比べの末にクビ差2着と惜敗。有馬記念を見送り、万全を期して臨んだはずの今年初戦だったが、音無調教師は「自信がなかった」と打ち明ける。先週まで490キロ台と太め残りのうえ、不良馬場も未知数だったからだ。しかし、終わってみればヴェルトライゼンデなど同期のライバルを寄せ付けない完勝劇。指揮官は「ステイヤーだから(スタミナの要る馬場が)よかったのかも。きょうはGII。ここからでしょう。今年にかけているからね」と熱い思いを口にした。

 今後は阪神大賞典(3月21日、阪神、GII、芝3000メートル)か日経賞(3月27日、中山、GII、芝2500メートル)をステップに、天皇賞・春へ駒を進める。「トップコンディションではないのにGIIを勝つことができました。良くなればGIで勝利できます」とルメール騎手。コントレイルと再び相まみえるときまで、負けられない戦いが続く。(漆山貴禎)

■アリストテレス 父エピファネイア、母ブルーダイアモンド、母の父ディープインパクト。鹿毛の牡4歳。栗東・音無秀孝厩舎所属。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬。馬主は近藤英子氏。戦績10戦4勝。獲得賞金1億7195万3000円。重賞は初勝利。アメリカJCCは音無秀孝調教師が2018年ダンビュライトに次いで2勝目。クリストフ・ルメール騎手は初勝利。馬名は「人名より」。

★24日中山11R「AJCC」の着順&払戻金はこちら