中央競馬:ニュース中央競馬

2021.1.11 15:47

【フェアリーS】ファインルージュが直線突き抜け重賞初V!

フェアリーSを制し重賞初制覇を飾ったファインルージュ

フェアリーSを制し重賞初制覇を飾ったファインルージュ【拡大】

 1月11日の中山11Rで行われた第37回フェアリーステークス(3歳オープン、別定、GIII、牝、芝1600メートル、16頭立て、1着賞金=3500万円)は、クリストフ・ルメール騎手騎乗の3番人気ファインルージュ(牝、美浦・木村哲也厩舎)が勝利。道中は中団やや後方を追走から徐々にポジションを上げ、直線に入ると豪快に突き抜けて先頭でゴール。春の飛躍を目指す3歳牝馬限定のレースを制し、重賞初制覇を果たした。タイムは1分34秒4(良)。

 2馬身半差の2着にはホウオウイクセル(8番人気)、さらに1馬身遅れた3着にベッラノーヴァ(6番人気)が入った。なお、1番人気のテンハッピーローズは4着で、騎乗した福永祐一騎手は2日連続重賞制覇とはならなかった。

 ◆クリストフ・ルメール騎手(1着 ファインルージュ)「強かったね。特に直線ではゴールまで一生懸命すごい脚で伸びてくれた。スタートで後ろのほうになったけど、いいペースだったのでだんだんとポジションを上げて直線を迎えられたから楽勝できた。ポテンシャルが高い馬。きょうはライバルがいなかった。道中で我慢できたし、ゴールの後もあまり疲れていなかった。もう少し長い距離でもいけると思う」

 フェアリーSを勝ったファインルージュは、父キズナ、母パシオンルージュ、母の父ボストンハーバーという血統。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬で、馬主は六井元一氏。通算成績は3戦2勝。重賞は初制覇。フェアリーSは管理する木村哲也調教師は18年プリモシーンに次いで2勝目、騎乗したC.ルメール騎手は初勝利。

★【フェアリーS】払い戻し確定!! 全着順も掲載

関連

  • 直線突き抜けフェアリーSを制したファインルージュ
  • フェアリーSを制し重賞初制覇を飾ったファインルージュ
  • 後続に2馬身半差をつけて快勝したファインルージュ
  • フェアリースSを制したファインルージュとクリストフ・ルメール騎手
  • フェアリーSをファインルージュで制し今年のJRA重賞初勝利を飾ったクリストフ・ルメール騎手
  • ファインルージュを管理する木村哲也調教師
  • フェアリーSで2着に敗れたホウオウイクセル
  • フェアリーSで3着に敗れたベッラノーヴァ
  • フェアリーSで4着に敗れたテンハッピーローズ
  • フェアリーSで10着に敗れたクールキャット