中央競馬:ニュース中央競馬

2020.11.7 16:02

【ファンタジーS】メイケイエール&武豊がレコードVで重賞連勝!

ファンタジーSを制して重賞連勝を果たしたメイケイエールと武豊騎手

ファンタジーSを制して重賞連勝を果たしたメイケイエールと武豊騎手【拡大】

 11月7日の阪神11Rで行われた第25回ファンタジーステークス(2歳オープン、GIII、芝・内1400メートル、牝馬、12頭立て、1着賞金=2900万円)は、武豊騎手騎乗の1番人気メイケイエール(栗東・武英智厩舎)が向こう正面でかかり気味に進出し先団で競馬を進めると、直線でも末脚が鈍ることなく他馬を突き放して勝利。デビューから無傷の3連勝を、ミッキーアイル産駒初の重賞制覇となった小倉2歳Sに続く重賞連勝で飾った。タイムは1分20秒1(良)でレコード。

 2着には直線で外から急追した7番人気のオパールムーン、3着に番手から内で粘り込んだ5番人気のラヴケリーが続いた。なお、2番人気で熊本産史上初のJRA重賞制覇が期待されたヨカヨカは5着に敗れた。

 ◆武豊騎手(1着 メイケイエール)「きょうもだいぶ引っ掛かったというか、馬が前半から力んで夢中になって走っていました。何とかなだめようとしましたが抑えが利かず、普通ならだめになるパターンだし、相当能力があります。前半あれだけロスがあって厳しいかと思いましたが、最後まで持つのはすごい。(距離は)折り合いひとつですね。前半ゆっくり走れれば、1600メートルまで大丈夫です。今のままだとこれ以上延びるのは厳しい。能力は高いけど、明確な課題はある。そこだけですね」

 ファンタジーSを勝ったメイケイエールは、父ミッキーアイル、母シロインジャー、母の父ハービンジャーという血統。北海道安平町・ノーザンファームの生産で、馬主は名古屋競馬(株)。通算成績は3戦3勝。重賞は今年の小倉2歳S・GIIIに次いで2勝目。ファンタジーSは、武英智調教師は初勝利、武豊騎手は05年アルーリングボイス、06年アストンマーチャン、13年ベルカントに次いで4勝目。

★【ファンタジーS】払い戻し確定!! 全着順も掲載

関連

  • メイケイエールでファンタジーSを制した武豊騎手
  • メイケイエールでファンタジーSを制した武豊騎手
  • メイケイエールでファンタジーSを制した武豊騎手
  • ファンタジーSを制したメイケイエールと馬上の武豊騎手
  • ファンタジーSを制したメイケイエールと馬上の武豊騎手
  • ファンタジーSをメイケイエールで制した武英智調教師と武豊騎手(右)
  • ファンタジーSをメイケイエールで制した武英智調教師と武豊騎手(右)
  • ファンタジーSを制したメイケイエール
  • ファンタジーSで3着に敗れたラヴケリー
  • ファンタジーSで2着に敗れたオパールムーン