中央競馬:ニュース中央競馬

2020.10.26 11:48

【アルテミスS】ソダシ無傷V3で白毛のヒロインへ

ソダシ=栗東トレセン

ソダシ=栗東トレセン【拡大】

 東京では31日も重賞の「第9回アルテミスS」が行われる。過去にリスグラシュー、ラッキーライラックといったGI牝馬が勝った登竜門だ。

 白毛ファミリーのソダシは、夏の北海道シリーズで新馬-札幌2歳Sと連勝。ダート巧者が多い一族のなかで初の芝&2歳G制覇だった。その前走はタフな流れを自ら追いかけ、ユーバーレーベンの追撃をクビ差振り切る力強い内容。芝1800メートル1分48秒2は2歳コースレコードとなった。

 「他馬に早めに来られたが、長くいい脚を使って豊富な持久力を感じさせた。母系がダートで結果を出しているので、そういう面を受け継いでいるのだろう。器用さも持ち合わせているので、芝のスピード決着になっても対応できると思う」と須貝調教師。

 先週はCWコースで一杯に追われ、ラスト1F12秒1をマーク。楽に3馬身先着した。「長めからしっかり。ここまで順調だ。ストライドが大きいので広いコースはいい。今の東京は少し時計がかかるし、牝馬同士なら」。無傷V3で正真正銘、白毛のヒロインに。花盛りの桜の季節につなげていきたい。(夕刊フジ)

★アルテミスSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載